木村拓哉(キムタク)が被災地訪問した理由…カメラ同行で賛否両論も

芸能


元SMAPの木村拓哉(キムタク)が被災地を訪問した理由がヤバいと話題に…。さらに木村拓哉の被災地にカメラが同行していることに対し、賛否両論も巻き起こった模様。はたして木村拓哉はなぜ被災地を訪問したのでしょうか?

木村拓哉(キムタク)が熊本地震の被災地を訪問した理由…

2016年にSMAPの解散騒動が起きました。

SMAPの5人が当時放送されていたバラエティ番組『SMAP×SMAP』で、異例の謝罪会見を行ったのは印象的でした。

結局、SMAPは2016年12月31日で解散し、2017年9月8日には稲垣吾郎と草なぎ剛、香取慎吾の3人がジャニーズ事務所を退所してしまいました。

このSMAPの解散騒動に対し、世間がジャニーズ内からでも反発が強まったのが木村拓哉(キムタク)でした。

なぜならば、木村拓哉が促すようにメンバーを謝罪させたからです。


1 2 3 4