新型コロナでDVや児童虐待が世界的に増加…外出自粛が原因か

国内ニュース 最新


新型コロナウイルスの感染拡大によって不要不急の外出自粛が呼びかけられ、在宅勤務も増えている中でDVや児童虐待が世界中で増加している模様です。ここでは実際にすでに起きた事件についても触れていきます。

新型コロナによる外出自粛でDVや児童虐待増加に懸念の声

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、不要不急の外出自粛や在宅勤務が呼びかけられていますが、家に居る時間が多くなる一方で家庭でのストレスによるDV(ドメスティックバイオレンス)や児童虐待の増加を懸念する声が上がっています。

DV被害者の支援団体によると、DV加害者である夫が自宅にいるようになったことで、支援が途絶えてしまうケースが出てきているそうです。

DV被害者の支援を行うNPO法人の「全国女性シェルターネット」は3月30日に、DV被害の相談窓口を休業しないことや、被害者の一時保護を柔軟に対応できる体制を整えるなどの対策を国に要望しました。


1 2 3 4