高田川親方、白鷹山ら7人が新型コロナ感染…6人退院で28歳の力士死亡

国内ニュース 芸能


高田川親方、白鷹山をはじめ高田川部屋力士7人が新型コロナウイルスに感染していたことが明らかになりました。さらに、うちひとり20代の力士が死亡。国内初の20代以下の死亡例となりました。

高田川親方、白鷹山ら7人が新型コロナに感染

2020年4月25日に元関脇・安芸乃島の高田川勝巳親方と、十両の白鷹山ら高田川部屋力士7人が、世界中で猛威を奮っている新型コロナウイルスに感染していたことが発表されました。

発表から5日後の4月30日に高田川勝巳親方と白鷹山、高田川部屋の幕下以下4人の力士、計6人が検査の結果陰性となったとして退院しました。

実は高田川部屋力士のうちひとりが、4月10日に大相撲初の感染が明らかになった幕下以下の力士であり、6人が退院後も入院が続いていました。

なお、報道では「回復傾向にある」とされていました。

高田川部屋力士、入院中だった勝武士が死亡


1 2 3