日本人と外国人の喘ぎ声の違い。なぜこんなに違いが出るの?

あまり人前では出す事がない「喘ぎ声」。

日本人と外国人の喘ぎ声が違います

なぜこんなにも違いが出てしまうのでしょうか。


スポンサーリンク



性行為に対する考え方の違い

日本人と外国人の喘ぎ声を比較すると、

1番違うのは声の大きさや出し方ではないでしょうか??

 

外国人の喘ぎ声と言うのは、かなり大きい!

 

慣れない人は驚いてしまう事もあると言います。

つまり、外国人は性行為に対して

積極的だという事も分かります。

 

日本では古くから、

性行為は秘めたるものといった扱いを受けてきました。

 

ですから大きな声を出すというのは、

「はしたない」と思われてしまうのだ。

 

このような文化が続いてきたので、

日本人は喘ぎ声を出す人が少ないのです。

 

外国では性行為がかなりオープンな環境ですから、

女性も男性も積極的に性行為をします。

 

その結果、

喘ぎ声も大きくなりますし、

恥ずかしいものという意識がないのです。

 

息を吐く日本人・息を吸う外国人

喘ぎ声も発音の違いが出てくると言われています。

 

例えば英語と日本語を比較すると、

日本語では出さない発音が英語には存在しますよね?

 

こういった部分でも、

外国人との喘ぎ声の違いが出てきていると考えられます。

 

日本人は息を漏らす、

つまり吐息が漏れるといった感じで喘ぎ声を出します。

 

しかし外国人は息を吸い込むように喘ぎ声を出します。

歯を食いしばって空気を吸い込む感覚です。

この息の出し方の違いで、

喘ぎ声が全く変わってくるのです。

 

外国人のように息を吸い込むと、

女性の膣が引き締まると言われています。

男性は試してみたいなんて思っているのでは?(笑)

 

遺伝子に組み込まれた喘ぎ声?

文化の違いや息の吸い方など様々な理由から、

日本人と外国人の喘ぎ声の出し方の違いがあります。

 

ただ、これを意識的に行っているわけでは無く、

みんな自然にやっていることなのですよね。

 

つまり、自分の中に元からある感覚で、

喘ぎ声を出しているという事です。

 

そうなると、

これは遺伝子に組み込まれているのではないか?

と思ってしまいます。

 

体の中に日本人としての喘ぎ声が

セットされているとしか思えないのです(笑)

 

英語で「イク」って何て言うの??

日本では「イク」という言葉が、

オーガズムに達するときの合図となっています。

 

英語ではなんという言葉で表現されているのか??

 

「I’m coming.」または「I’m gonna come.」

 

では「いきそう?」「もういく?」

という問いかけは英語でどう表現するか?

 

「Are you coming?」または「Are you gonna come?」

 

女性に性行為の後に良かった?

と聞きたい時は「it was good?」となります。

 

日本は「イク」海外は「来る」

日本人はオーガズムを迎える時に「イク」と言いますが、

英語では「カム」と言っていますよね?

 

イギリスでも「カム」が主流となっています。

 

日本はこちらから行くぞ!!

という感覚を言葉に表しています。

 

海外は、来て!!という表現をしているのが

決定的な違いでもあります。

 

「イク」と「来る」の違いとは

日本人の性行為というのは、

男性が女性をイカせるという感覚です。

 

しかし、外国人は女性が「きて!!」と

男性にお願いをする積極性があります。

 

こういった違いから、

イクと来るという言葉の違いが

出てきているのだと思います。

 

喘ぎ声が大きな国って??

アメリカのAVというのは、

喘ぎ声がとにかくでかい!!(笑)

 

日本人女性が出演しているAVも、

多少喘ぎ声はあります。

 

しかしアメリカには敵いません(笑)

アメリカ人はノリがよくて、

積極的なので声もどんどん出していくスタイル!

 

つまり喘ぎ声がデカいのは、

アメリカだと言っていいでしょう。

 

そしてもう1つ、

アフリカも喘ぎ声がでかいと言われています。

 

アフリカ人女性絶叫するような声を

だしてしまうそうです。

 

「ウォー」という喘ぎ声が出てくることがあり、

初めて見る人は驚いてしまうようです。

 

自然の行為、

野性味のある喘ぎ声といった感覚ですね。

 

反対に喘ぎ声が小さいと言われているのは、

イスラム系の国だそうです。

 

性行為に対してかなり厳しい戒律があるので、

婚外性行為などは厳しく禁じられている国です。

 

こういった背景があるので、

性行為の最中に大きな声をだすなんて、

もってのほかなのです。

 

外国人との性行為体験。
ホームステイ先で・・・

オーストラリアに留学をしていた男性Aは、

ホームステイ先の娘と関係を持ってしまった!

 

ホストファミリーにはバレないように、

2人は性行為をしていたそうです。

もちろん声を殺して・・・

 

しかし女性の方は、絶頂に達すると・・・

 

「Oh my Goodness, Ahh, I’m coming! I’m coming…」

 

と、叫んでしまったそうです。

 

とは言え、

この一件はなんとかバレずに済み、

Aさんは無事に留学を終えたそうでしたが、

その時のことを思うと、

興奮する反面、肝が冷えるそうです。

 

確かに、父親にバレてたら、

殺されるか日本に強制送還されてても

おかしくないとこでしたね。

 

皆さんはホームステイ先の娘さんに

手を出すのはやめておきましょう!

 

外国人との性行為体験談!韓国女性と・・・

Bという男性の会社には、

韓国支社からきている韓国女性がいました。

 

Bは韓国女性の直属の上司だったそうです。

飲み会があった日、

韓国女性が酔い潰れてしまったので

Bが自宅まで送っていったそうです。

 

その時女性はBをお茶に誘ってきたので、

部屋に行く事にしたといいます。

 

その後はやはり事が始まりました。

Bが女性に挿入をすると、

かなり大きな声を出して感じていたといいます。

 

女性は韓国に帰国をしましたが、

Bが出張で韓国に行くと二人は毎回会って

体の関係を続けているそうです。

 

日本人と外国人の喘ぎ声の違いはどうでしたか?

色々な理由があって、大きさが違う事が分かりましたね!

こうなると他の国の人と・・・

なんて思っちゃいますね(笑)


スポンサーリンク



関連記事

⇒ 都道府県別「あえぎ声」一覧。山梨が最高だと話題に

 

⇒ 夜の営みに対する女性の本音が怖すぎる…女性から共感の嵐だと話題に