相武紗季の家族がマジで華麗なる一族!!姉や母親が宝塚だった

芸能


相武紗季姉妹の見た目は甲乙つけがたいくらい、2人とも美人なのですが、2人が似ているか、似ていないかと聞かれれば、

あまり似ていない姉妹

といった印象です。

相武紗季いわく、姉の方が若く見られることが多いらしく、2歳年上のくせに、ずるい!と羨ましがっているそうです。

@aibu_saki)さんの投稿

確かに、クールな印象でシャープな輪郭の相武紗季に比べると、姉の方が色白で丸い顔・丸い目が幼い印象に映るかもしれません。

相武紗季は小さい頃から綺麗で優秀なお姉ちゃんが大好きなんだそうです。

↑の画像からも、姉を慕う妹の可愛い一面が伝わってきます。

仲良し姉妹で、それぞれが芸能活動をしているなんて相武紗季の家族は、まるで華麗なる一族のようですね。

相武紗季が姉と同じ宝塚を選ばなかった理由

相武紗季といえば、身長は165㎝、高校生の時に甲子園にはまり、2002年朝日放送「夏の高校野球PR女子高生」に応募したところ、見事、1000人の中から選出されてしまうくらいの超美人です。

当時甲子園の放送を見ていた現在のマネージャーが「あ!この子いいかも」と相武紗季をスカウトしたのが芸能界入りのきっかけでした。

何人もの学生が映る甲子園の放送で、目を止めてしまう相武紗季の可愛さってすごいですよね。

@aiku_0817__…”さんの投稿

世の中には、何度も何度も挫折を繰り返しながら俳優を目指す人が多いと思いますが、相武紗季は最初に応募したオーディションでは一発クリア

その後すぐに、「ウォーターボーイズ」でデビューするなど、とにかく順風満帆な活躍を続けていきます。

@aibu_saki)さんの投稿

そんな順風満帆な姉妹・相武紗季と姉の音花ゆりの故郷は宝塚です。

2人は小さい頃から街の中を歩く宝塚の生徒たちを何度も何度も見ていたに違いありません。

しかしなぜ姉は宝塚を目指したのに、妹の相武紗季は宝塚に入らなかったのでしょうか?

@otohana.yuri)さんの投稿

もし相武紗季が宝塚歌劇団に応募していれば、簡単に合格していたことは間違いありません。

しかし調べてみると、相武紗季は、美人で優秀過ぎる姉を見て「同じ土俵で勝負しても勝つのは無理」と諦めてしまったんだそうです。

相武紗季と姉を産んだ母が凄かった!!

子供の頃、相武紗季と姉の音花ゆりが宝塚に興味を持つようになったきっかけは、2人の母、朱穂芽美が宝塚歌劇団のタカラジェンヌだったという影響がとても大きかったようです。

↓の画像は相武紗季のお母さん、朱穂芽美が宝塚歌劇団にいた時のもの。

1番左下の女性が朱穂芽美です。

やはりというか、想像以上というか…相武紗季と姉のお母さんはとても美人な方だったのです。

相武紗季の姉の音花ゆりは、そんな母の影響を大きく受けて、小さい時から日舞や声楽の練習を開始。

相武紗季が目を見張るくらいの才能を発揮していたそうです。

相武紗季の姉のタカラジェンヌ姿が美しすぎる


1 2 3