冨田真由さんの容態の最新情報!刺されたのが20箇所以上だと・・・

意識不明で重体だった冨田真由さんですが

意識が回復していたことがわかり、現在の容態も判明したようです。


スポンサーリンク

脳、内臓の損傷なしに異常なし

首の左側を深く切られ、静脈から大量に出血していて、

集中治療室で治療が行われていたが、8日までに意識が回復したという。

脳機能や内臓の損傷なしのため警視庁は、

冨田さんの容体が安定するのを待って、犯行の状況について話を聴く方針。

 

事件の概要

東京都小金井市でアイドル活動をしていた亜細亜大3年、冨田真由さん(20)が刺された事件で、

重体だった冨田さんの意識が回復していたことが7日、

複数の関係者への取材で分かった。

警視庁は冨田さんの容体が安定し、医師らの許可が得られ次第、

事件当時の状況などについて話を聴く方針。

s_ice_screenshot_20160607-235056

関係者によると、冨田さんは3日ごろに意識を取り戻した。

事件発生以降、都内の病院の集中治療室(ICU)で治療を続けており、

意識が回復するのは約2週間ぶり。

冨田さんは首や胸など20カ所以上をナイフで刺されており

首付近の傷が特に深かったが、捜査関係者によると、

心臓など内臓への損傷は免れていたという。

 

ff17e89ffef2c7634772bbcaec6ee2a0

 

事件は5月21日午後5時5分ごろ、冨田さんからの110番通報で発覚。

警視庁の通信記録に「(ライブ会場に)入れませんよ」という声と、

その後の「きゃー、助けて」という叫び声が残っていた。

岩埼友宏容疑者(27)=殺人未遂容疑などで送検=に会場近くで声をかけられ、通報した直後に襲われたとみられる。

岩埼容疑者は事件前から約4カ月にわたって、冨田さんのツイッターに執拗に書き込みを続けており、

「冨田さんが好きだった。結婚したかった」と供述。

 

冨田さんに贈った腕時計などのプレゼントが送り返されてきたことに対し、「恥をかかされた」などと説明しているという。

東京地検立川支部は岩埼容疑者の鑑定留置を申請。

専門家による精神鑑定を実施し、事件当時の刑事責任能力の有無を調べている。

事件をめぐっては、警視庁が冨田さんからの事件前の相談をストーカー被害と認識しなかったほか、

過去の類似相談が共有されていなかったことが判明。

警視庁は対応に問題がなかったか検証を進めており、近く公表する方針。

後遺症の可能性

傷が残らなければいいですが・・・

afr1606070047-p1

 

内臓の損傷なし=外見には致命的な損傷あり
意識回復=殺人ではなく殺人未遂のため犯人は数年で出所

 

素直に無事でよかったと言っていいのかどうか・・・
この先ずっとPTSDに悩ませ続けられると思いますし
犯人が死刑にならない上に、多分10年と経たずに出て来ると思います。

せめて法律改正するか、この件は特例ということにして、犯人を死刑にしてもいいと思います。
生き残った被害者の人権の方が犯人の人権なんぞより何万倍も大切です。
そもそも犯人の人権なんて被害者の人権が完全回復して初めて語るべきことですし、

犯人の精神鑑定は犯人の減刑の可能性が高いので許せないですね。

スポンサーリンク