愛子さまの激ヤセは拒食症だった。症状は危険領域で命の危機さえ…

2016年12月1日に15歳の誕生日を迎えられた愛子さま。その際にメディアに姿を現しましたが、その激ヤセに心配の声が多く上がりました。

何が原因なのでしょうか?



スポンサーリンク

愛子さまが激ヤセした!?

13歳からの誕生日からその変化を見てみましょう。

2014年12月1日


2015年12月1日


2016年12月1日
愛子さま

この画像を比べるとだいぶお痩せになったのがわかりますね。
別人のようにさえ見えてしまいます…。

今まで、頬は少しふっくらしていた愛子さまだが、2016年に公開された写真ではあごのラインがシャープになっています。

イエローのツインニットに包まれた上半身は少し角ばっているようにも見えますし、体重が明らかに減っているように見えますよね。

2年でここまで痩せるというのは、ちょっと異常なのかもしれません。

そのせいか、ネット上では拒食症ではないかという声も多く見られます。

拒食症でも危険領域に…

宮内庁関係者の説明によると、

ご体調不良により、およそ1年半、学校を欠席していた。

また、愛子さまの症状について、医師による食事の管理や指導を中心とした治療が始められたのです。

と話していました。

愛子さまの健康状態が、正常ではないと認めた形ですね。
医師によっての指導・管理が必要ということは、拒食症とみて間違いないでしょう。

しかも、愛子さまの現在の状態は拒食症でも危険領域のようで、何かしらの対策をしていかないと生命の危機に及ぶ状態のようです。

医師が指導をしていくとの話がありましたが、拒食症は長期化することが多く、落ち着いたとしても再発することも多いので、気が抜けない病気です。


スポンサーリンク

原因は公務の重圧にダイエット

愛子さまが拒食症になってしまった原因は、いろいろ言われています。

中でも有力なのが、「公務の負担」や日本人の間で根強い「痩せ信仰」

また、ご本人の「完璧主義」な性格も理由のひとつとして指摘されています。

公務の重圧が負担となり、食欲が失われてしまい、さらにやせているほうがきれいに見えるという考え方からダイエットを行っていたのでは?と言われています。

愛子さまは“やり始めたらやる”という性格で、頑固な面をお持ちなので、周りの方々も直接厳しい言葉をかけなかったそうです。

そのため拒食症になるまで止まらなかった、と見られています。

愛子さまがダイエットを始められたのは、1番身近な“お姉さま”である佳子さまが『美しすぎるプリンセス』としてメディアで取り上げられたことも影響していると思われます。

佳子さまと比べてしまい、きれいになりたいと炭水化物抜きダイエットを始められたと想像できます。

白米はほとんど召し上がらず、朝食はヨーグルトやジュースだけ。

お昼のお弁当を残されることもあり、夕食はサラダや煮物を中心に、肉類を召し上がることも減ったといいます。

その生活をずっと続けていたら、拒食症になってしまうのも納得できますね。



痩せていることは誰の目から見ても明らかです。
しかし、摂食障害になってしまうと本人は、痩せている自覚を持ちにくくなります

そのため周りの方のフォローが必要不可欠なのです。

少しでも早く、昔のように元気な姿に戻れることを祈りたいですね。

ネットの反応

・愛子さまがあまりに痩せてて心配…。摂食障害は一生の問題だし大丈夫かな

・愛子さまのガリガリ具合が気になった。拒食症なの?腕細すぎだったよ…。

・愛子さまのお痩せっぷり。綺麗だけど心配するレベル。お元気ならいいのだけど。


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 皇族の夜の営み事情が判明!関係者が明かした驚愕の内容がヤバい…

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
info@vipper-trendy.net

愛子さまの激ヤセは拒食症だった。症状は危険領域で命の危機さえ…


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!