愛子さまがニュースになる理由。死亡説、偽者の噂を検証した結果

国内ニュース

愛子さま

学校でいじめに遭い、かばんを投げられたことにより学校に行くのが怖くなり、よく欠席し、腹痛や発熱などの症状も出たと報道。

この事件は『愛子内親王不登校騒動』と言われ、世界に発信されました。

ちなみにWikipediaにも事件の詳細が細かく記載されています(笑)

いじめの原因は定かではありませんが、皇族で特別扱いされていたからでしょう。

また、愛子さまは頭もよく偏差値は70以上とも言われています。

頭が良くて特別扱いされていれば、周りから妬まれる気持ちもわかります。

それに中学生という思春期真っ只中ですからね。

学校でちょっとしたいじめがあることも考えられます。

母・雅子さまの『過保護』っぷりがやばいw

皇族の元に生まれた愛子さま、幼少期から何不自由なく生活してきているので両親に甘やかされて育ってきたのでしょう。

実はそれが仇となってしまったとも言われています。

いじめが騒動が起きた時、不登校気味になった愛子さまの付き添いで、母親の雅子さまが一緒に学校に登校したり、昼食を食べるということがありました。

雅子さまの行動に対して、小町恭士・元東宮大夫は

「叱らないという教育方針で、過保護に育てられたため。親は娘を理解し、娘の立場に立って問題を考えようとしたが、結果的に悪習慣を助長させてしまった」

引用:チャイナネット

と指摘しています。

また、あるメディアでは愛子さまが学校に行きたくない理由として

先生が嫌い。自分の話を聞いてくれない

と話したことがあると言っているようです。

元々、内向的な性格でお嬢様気質の愛子さま。

愛子さまが拒食症になってしまった原因は、親の育て方が一番の原因なのかもしれません。

克服するには愛子さま自身だけでなく、親自身が変わらなければいけないでしょう。

関連記事

⇒ 愛子さまの激ヤセは拒食症だった。症状は危険領域で命の危機さえ…


1 2 3 4