明石家さんまが芸能界引退?原因は低視聴率とSMAPだった

80年代からお笑い界の頂点に君臨し続けてきた明石家さんま芸能界引退の意思を固めたと話題になっている。

その原因は、低視聴率SMAPの解散だった?



スポンサーリンク

明石家さんまが芸能界引退?

明石家さんま(61)は1980年代から活躍を続けている国民的お笑いスターの1人で、タモリ、ビートたけしと共に「日本のお笑い芸人BIG3」の1人して称されている。

「アホちゃいまんねん、パーでんねん」や醤油を持ちながら「しょーゆこと」など数々のギャグを生み出し、
現在も第一線で活躍している。
そんな明石家さんまが引退するという話が浮上している。

実は2年前にも引退宣言をしていた

2年前に「60歳になったら引退する」と公言して、
「笑えない冗談?」とテレビ界を騒然とさせたが、本人は本気だった。

しかし、さんまに収益の多くを依存していた吉本興業からの慰留に加えて、後輩である爆笑問題の太田光に

「今、辞めたらカッコ良すぎる。落ちていくところを我々後輩に見せる義務がある」

と叱咤されたことから、引退を思いとどまり、宣言を撤回したという過去がある。


スポンサーリンク

今回の引退宣言の原因は?

今回の引退宣言の直接のきっかけは、さんまのレギュラーの中で唯一、純粋なお笑い番組であり、本人がもっとも力を入れていた「さんまのお笑い向上委員会」の存在。

低予算の深夜番組にも関わらず、人気芸人を10人以上担ぎ出しているが、彼らはさんまの番組だからと、通常の半分以下のギャラで出演を続けている

しかし、低視聴率で今年からさらに制作費が削られることになり、出演陣のギャラはさらに減ってしまう。

さんまは、さすがに負担はかけられないと、番組の終了を決めると同時に、引退を決意したそう。

昨年9月には、1985年から続いていた「さんまのまんま」も制作費の問題で終了した。

さんまは、自分のギャラを減らしてでも続けたかったようだが、それをしてしまうと業界全体のバランスが崩れ、他の芸人たちのギャラにも影響が出てしまうので、終了するしかないと決意した。

また、関わりの深かったSMAPの解散を阻止できなかったことへの無力感も、決断の一因と言われている。

テレビから退いたあとは、気の合う仲間とともに、気楽に全国を舞台やライブで回りたいと言っているようだ。

ネットの反応

・さんまが辞めたらもっと視聴率低下するだろ!

・時代が変わる...

・さんまの後釜は誰がなるんだろう。

・SMAPの影響力凄すぎる(笑)

・本当に引退するとは思えないが。

明石家さんまが本当に引退したら、お笑い界も新たな時代を迎えることになるでしょう。ネットでも言われている後釜が誰になるのか気になるところです!

まぁまた後輩たちの言葉で引退宣言を撤回する可能性もありますが(笑)


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 明石家さんまの熱愛遍歴。名前を言ったら驚愕するお相手を公開…

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
info@vipper-trendy.net

明石家さんまが芸能界引退?原因は低視聴率とSMAPだった


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!