【証拠動画】アキラ100%、失敗(ミス)で下半身露出の放送事故

未分類


股間を隠すネタを持つアキラ100%が生放送で失敗し、大きな話題になっています。「失敗したら終わり」のプレッシャーにさらされているアキラ100%に対し、先輩芸人からは賛否両論の意見が飛び交っています。

アキラ100%、生放送で失敗で下半身露出

アキラ100%が生放送で失敗し、大きな反響を呼んでいます。

事件が起こったのは、1月1日放送『第51回爆笑ヒットパレード2018』(フジテレビ)の「新春レッドカーペット」。

このコーナーに出演したアキラ100%は、まず3つの箱を入れ替える「シガーボックス」を披露し、股間にお盆を挟んだまま見事に成功。

そのまま「ここから本番です」と箱を裏返しました。

右手に「謹賀」、左手に「新年」の箱。2つの箱で赤い箱を挟み、股間を隠したまま慎重にお盆を外す。

赤い箱を一瞬宙に浮かせ「謹賀」「新年」の箱を横に持ち替えようとしたのですが……うまく赤い箱をキャッチできず、箱はバラバラに。

慌てて股間を隠すようにその場に崩れ落ち、そのままレッドカーペットで舞台袖へ流されていきスタジオは騒然としました。

ネット上でも「局部が見えた」「見えなかった」「前貼りをしてた」と大騒ぎになり、Twitterのトレンドにも「アキラ100% 失敗」という検索ワードが急上昇したほど。

その後アキラ100%はリベンジで再びスタジオに登場し、今度はみごと成功。

審査員席のナインティナイン・岡村隆史たちからは「おめでとー!」と祝福の声が飛びました。

アキラ100%の失敗に先輩芸人は寛容なコメント

股間を隠すネタを披露し、笑いを取るアキラ100%。

「新春レッドカーペット」では、ネタの失敗に対してリベンジの機会を与えられ、2回目は見事成功させました。

生放送での失敗という傷を負った状態で、同じ芸に挑戦して成功させる、そのプレッシャーは計り知れないですね。

ネタをリベンジで成功させたアキラ100%は、「ヒヤヒヤしたんじゃないの〜!」と客席を指さしていましたが、きっと自分が一番ヒヤヒヤしていたはずwww

このように失敗すれば下半身露出の危険があるアキラ100%の裸芸に対し、芸人・今田耕司は「出たら抗議の電話が鳴り止まない」とコメントしています。
さらに、2017年4月から5月の2カ月連続で放送倫理・番組向上機構公式サイトの「視聴者からの意見」欄に
「青少年や子供の教育に悪影響を与える」
「公然わいせつだ」
などと苦情が寄せられる事態にまで発展する騒ぎに。このことについて先輩芸人であるダウンタウン・松本人志は
「絶対に見せないから、ある意味一番倫理観があるんじゃないか。一番子供にもいい影響がある」
とこの裸芸に理解を示しました。

さらに、バカリズムも「(この芸は)見えそうで見えないから面白い。
(苦情を)言うなら見えてからにして欲しかった」と好意的なコメントをしています。
他にも国際政治学者の三浦瑠麗も「番組側が面白いというならやればいいし、やめたいと判断するならやめればいい。
クレーマーの意見なんか気にせず聞かなくていい」といったアキラ100%の裸芸を擁護する意見も多く聞かれます

アキラ100%のネタは芸として認めない!!否定的な意見も

股間を隠すネタを披露するアキラ100%を評価する意見があるこの一方、嫌悪感をあらわにする人も

落語家の桂歌丸は「言っちゃ失礼ですけど、裸にお盆で何が芸か。私は違うと思うな」とこのアキラ100%のネタに否定的なコメントを残しています。

また、桂文枝は、

「噺家として、日常性や普遍性などを大事にして来て、喋りで笑いをとってきたから、ああいうネタをやられると、やっぱり難しい。テレビが裸っていうものを良しとしたのなら、落語はそれに対してどうすれば勝てるかということについて、明確な答えを持ってないのを感じる」

アキラ100%の裸芸を真っ向から否定

実際2017年R-1ぐらんぷり決勝戦の審査員を務めた桂文枝は、アキラ100%がネタを披露している間ずっと苦虫をかみつぶしたような不機嫌な顔をしていました。

アキラ100%、失敗は失態じゃない!?

裸芸で笑いを取るのはアキラ100%だけではありません。

同じく裸芸を持ちネタにしているのは、とにかく明るい安村です。

2015年5月9日放送の『オサレもんプレミア』でアキラ100%共演した時、安村は「これはもう戦争ですね」と開戦を布告

アキラ100%は安村の決め台詞をひねって「安心してください。穿いてません」と返すなど、お互い意識しあう様子を見せました。

生放送中に芸に失敗してごく一瞬ではありますが股間を全国放映する失態を演じたアキラ100%ですが、
生放送で局部を露出してしまった場合公然わいせつ罪に問われてしまう可能性があるため、生放送では必ず前貼りで隠している(週刊新潮)
生放送にあたっては入念なリハーサルを行い、局部が露出しないように工夫をしている。今回の放送では局部の露出は一切されていない(フジテレビの広報部)
と報じているところも。

また、『水曜日のダウンタウン』(TBS)の2017年11月8日放送でアキラ100%のお盆芸を検証したところ、
ハイスピードカメラを使い撮影した時は、局部が見えていた
引用元:水曜日のダウンタウン
ということで、この芸はテレビで放送する際、カメラのフレーム数が1秒に30コマで撮影しているため局部がお盆のブレで隠されているだけであり、実際少なからず見えているのだそう。

アキラ100%の持ちネタに失敗はつきもの?

生放送での裸ネタ中に股間を隠す小道具を落としてしまったアキラ100%。

生放送で失敗するなんて、アキラ100%はもうテレビに出られないのではないだろうか。そんな心配の声も聞こえてくるほど。

アキラ100%持ちネタは、全裸に股間をお盆で隠しただけの姿で刑事のコントを演じる「丸腰刑事」が有名ですね。

お盆の裏には旭日章(警察の紋章)があり、そのお盆を左右交互に押さえたり持ち替えたり裏返したり(技名は「アラウンドザ・ワールド」)、素早くしゃがんだり横歩きしたりなど動いて演じます。

海外でこのネタを披露して、大爆笑をもらったこともあるそう。

他に、アキラ100%持ちネタに絶対見せないdeSHOW」があり、このネタも丸腰刑事と同じく全裸の姿で演じます。

2017年のR-1ぐらんぷりでは決勝までこのネタを演じたので記憶に残っている人も多いのではないでしょうか。

元々この裸芸はコンビ『タンバリン』の時代に既にやっていたものであり、これをピンネタにしたものです。

このネタを演じる前には「肉体を美しく見せるのも芸の内」として必ず腕立て伏せなど筋トレをしており、また清潔感重視の考えからムダ毛の処理を欠かさないのだとか。

その甲斐あって、ナインティナインの岡村隆史に「お尻がきれい」と言われたこともwww

アキラ100%の失敗・まとめ

股間を隠すネタを生放送で失敗し、下半身丸見えになったアキラ100%。

『R-1ぐらんぷり 2017』で優勝して以来、アキラ100%はお盆をはじめ、ティッシュ、おたま、ピンポン球、燃え盛る火など、様々な手段で股間を隠してきた。

この裸芸に対しては先輩芸人からは賛否両論の意見が飛び交っているようですが、これからも笑いをとことん追求して我々を楽しませてほしいものですね。