アルミホイルで歯を1時間覆うと・・・これでもう歯医者要らず?

主に調理の際に使用するアルミホイルで歯のホワイトニングができるそうです!?

いったいどのようにするのでしょうか!?


スポンサーリンク

アルミホイルで歯のホワイトニング

これをやることによってもう歯医者でホワイトニングをする必要がありません

しかも自宅で無料でできちゃいます

・用意する物

歯磨き粉アルミホイル

ベーキングソーダ(重曹)です。

ベーキングソーダ(重曹)以外は、どこの家にもありますよね。

・やり方

まずは、用意したベーキングソーダ(重曹)に歯磨き粉と塩を混ぜ、それをまんべんなく歯の表面に塗ります

それが終わったらアルミホイルで歯を覆います

アルミホイルがなかなか歯にくっつかないという方は、歯医者さんでもらえるプラスチック製マウスピースなどでアルミホイルの上からカバーしても大丈夫です。

そのまま最低1時間はその状態で置いておきます

1時間が経ち、アルミホイルを外してみると、あなたが思う以上に真っ白で輝かしい歯になっているはずです。

その後、歯ブラシを使って歯を磨き、口をよくゆすげば終わりです。

1時間置いておく間は、テレビを見たり本を読んだりと、自由に使えて簡単なので、試してみる価値ありですね!


スポンサーリンク

やり過ぎはよくない

とても簡単にできるホワイトニングですが、間違ったやり方でやってしまうと逆に歯が黄ばんだり、歯が傷んでしまいます

ベーキングソーダ(重曹)には、強力な洗浄パワーがありますが、その分研磨力も強力なので、やり過ぎると歯のエナメル質が傷付く原因にもなってしまいます。

そうなると白くなるどころか逆に黄ばんでしまったり、知覚過敏の痛みが出ることもあります。

歯のエナメル質は、いったん傷付くと元に戻りませんので、やり過ぎには注意してください。

毎日行うと、歯のエナメル質が傷付く危険性があるので、多くても週1回程度にしましょう。

また、1時間置いた後の歯磨きは、力を入れて強く磨かずに優しく磨いてください

そして固いブラシよりも柔らかいブラシを使うことをオススメします。

タバコを吸う人はホワイトニングをした方がいい

タバコのヤニは歯の表面に付着し、ステインという物質に変化します。

ステインはタバコのヤニだけでなくコーヒーやワインなどの飲み物、カレーやブルーベリーのような色の濃い食べ物を食べることでも歯につきます。

これが黄ばみの原因で、ステインは一度付いてしまうと通常の歯磨きでは取れないようになってしまいます。

歯磨きで落ちないのならホワイトニングするしかありませんね。

注意事項さえ守れば、簡単に無料でできるこのホワイトニング。

喫煙者の方には特にオススメします。


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 歯がなくなる習慣。歯科医がやらないNG行為を大公開