こじらせ女子の雨宮まみが死去。死因が明らかにされない理由

こじらせ女子の生みの親、雨宮まみさんが死去

死因が明らかにされない理由

闇が深すぎると話題になっています。


スポンサーリンク



「こじらせ女子」を生んだ雨宮まみさんが死去

「女子をこじらせて」などの著作で知られる

ライター・雨宮まみさんが死去したと報道された。

 

雨宮さんは自伝的エッセイ

『女子をこじらせて』で書籍デビュー。

『東京を生きる』

『女の子よ銃を取れ』

『まじめに生きるって損ですか?』

 

などの著書があり、

若い女性を中心に人気だった。

 

しかし、

死因や亡くなった日時などは明らかになっていないため

様々な憶測が飛び交っており、

ネット上では炎上状態となっています。

 

ブログに死にたいと綴っていた

ブログで「死にたくなる夜というのが、やってくる」

という内容で更新。

 

「たいていはそのたびに、

薬を飲んで、寝ようとして、眠れなかったり、

でもほかのことでは気を散らすことができなかったり、

朝日がのぼるまでの時間を、苦しいまま過ごすことになる

『死んでもいいですか?』と、誰かに訊きたくなる

 

などと書かれていた。

 

657e04b8-s

引用:http://mamiamamiya.hatenablog.com/entry/2016/06/08/031212

 

死亡原因が報道されない理由

雨宮まみさんのツイッターで

亡くなる3日前の11月14日も更新されていました。

 

直近では、映画について

ちょっと前では引っ越しについてつぶやいてもいました。

 

なので、

病気だったというのは考えにくく

体調が悪いということもなかったようです。

 

そうなると、

死亡の原因は突然倒れたということになります。

 

しかし、突然だとその原因は報道されますが

今回はその原因が公表されていません。

 

そして、自分自身でしてしまった場合

原因は決まって公表されません。

もちろん有名人過ぎる人だと報道はありますが。

 

また、雨宮まみさんは死に対して

こんな価値観も持っていました

死んでもなにも起こらない。

 

あとに残された人がいろいろ面倒だろうから、申し訳ないだけで。

それでも、この苦しさがあとどれだけ続くのかと思うと、

耐えられなくなって、

ベランダからじっと地面を見つめるときがある。

 

死去されたことは残念ですが

これが彼女自身にとっての選択じゃないことを願うばかりです。

 

ネットでの反応

・ご冥福をお祈りします。

 

・ガセネタかと思ったらガチなんかどうしたんだ

 

・死ぬ死ぬ詐欺だと思ってたらマジか。

 

・散々炎上起こしてて関わった人達後味悪いな

 

今回の死去で雨宮まみさんのブログが

非常に闇を見せています。

 

死亡原因について報道されない理由は

親族やその周りに迷惑をかけないためなのかもしれません。


スポンサーリンク



関連記事

⇒ レイヴのギタリストみくるが死亡…死因がヤバイと話題に。