Amazon偽メールの実態。危険な偽サイトが本物そっくりだった…

とあるTwitterユーザーさんが受け取った、Amazonからの一通のメール。
そこに記載されたURLへ飛ぶとサインインページが。

実はこれ、巧妙な偽メールだったのです…。



スポンサーリンク

Amazonからの一通の偽メール

Twitterユーザーのやつさめ(@yaaaa_0816)さんは
ある日Amazonから届いたメールに気づきました。

以下が受け取ったメールの内容です。
:お支払い情報を今更新する必要があります

親愛なるお客様、
これはあなたのサービスが現在中断されたという通知です。
このサスペンションの詳細は次のとおりです。

停止理由:アカウントに確認が必要
今すぐ確認する:◯◯◯
※実際のメールでは◯◯◯部分にURL
重要:
========
7日以内にサービスを更新しないとサービスは永久に削除されます。
すべてのアカウントはデータの機密性を確保するために完全に消去されます。

その後、データを回復することはできません。

やつさめさんは不審に思いながらも、記載されてあるURLへ飛んでみました。

似すぎて見分けがつかないサインインページに愕然…
そのURLから飛んだサインインページの画像がこちら…

パッと見たところ、普段私たちがサインインしているページに見えますが、

よく見てみると…なんと上部に表示されているURLが明らかにおかしいですね。


スポンサーリンク

しかし、これはよく見ないと気づけない間違いです。さらに下部の利用規約やプライバシー規約のリンクを押しても、

このサインインページに戻るそう。これは不審に思うかもしれません。
では、本物のページはというと…

…先ほどの偽サインインページと全く見分けがつきません…。
さらに、本物とニセモノのサインインページを並べて比べてみました。

これは誤ってログインしてしまう人が多いのではないでしょうか。
ログインしてしまったことを考えるととても恐ろしいですね…

やつさめさんは、この出来事に対して、
「文面が怪しくても、あまりにサインインページがリアルために騙されそうになる」と今回の詐欺メールについて語った上で、
「個人情報を抜き取られる可能性があるので絶対にサインインしないように」と注意を呼び掛けています。

最初に来たメールの文面がさらに信ぴょう性を増すような内容であれば、

偽Amazonのサインインページに疑いもなくログインする人々が増えてしまうかもしれません。

IDとパスワードはもちろん、住所やカード情報まで抜き取られてしまうと考えると、かなり恐ろしいですね。

Amazonをよく利用する友人などがいたらぜひ教えてあげてくださいね。


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 最新の振り込め詐欺の手口がヤバイ!これ知らなかったら払っちゃうよね・・・

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
info@vipper-trendy.net

Amazon偽メールの実態。危険な偽サイトが本物そっくりだった…


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!