契約ルール120年ぶりに見直し、改正民法が成立!消費者保護も重視

改正民法、成立

1896年から121年後の本日、初めての見直しが!契約に関するルールを大幅に見直す改正民法が成立したのです。

私達の生活に直結することも多々あり…。



スポンサーリンク

120年ぶりに改正民法が成立!

近年、インターネット取引の普及など時代はだいぶ変化しました。

その変化に対応しようと、120年ぶりに契約ルールが改正されることに。

改正民法、可決

売買や貸借など契約に関するルールを抜本的に見直し、消費者保護も重視されるようにしたのです。

改正は約200項目に及び、公布から3年以内に施行すると言います。

新たにできたルールをまとめると主なものは・・・

・飲食代などお金を請求できる期間を5年に統一

・連帯保証人に公証人による意思確認を義務づけ


1 2 3

footer-image