青木恵子は本当に無罪でいいの!?東住吉事件から現在、長男朴龍との再会

国内ニュース 未分類


1995年に小学6年生の我が子を放火により殺害した罪として死刑判決が出ていた青木恵子。しかしその判決は2016年8月10日まさかの逆転無罪なるのです。当時の事件の内容から現在までを一気に振り返ってみます。


東住吉事件はどんな事件だったのか?青木恵子・長男・朴龍の関連は?

事件は1995年の大阪市東住吉区で起きました。

青木恵子・長男・朴龍、そして被害者とされた青木めぐみ(当時11歳)が住む住宅で火災が発生、小学6年生だった青木めぐみはその火災で焼死します

被害者となった青木めぐみの写真がこちらです。

火災は民家のシャッター付き駐車場で発生、家の中には彼女の実の母である青木恵子、内縁の夫の朴龍晧、長男、そして長女・めぐみが暮らしていました。

火災は浴室の隣になった駐車場で発生、青木恵子、朴龍晧、長男の3人は脱出できましたが、入浴中だった長女・めぐみは逃げることができず焼死したのです。

火災当時浴室にいた、たった11歳の女の子はどんなに苦しかったことでしょうか…。他に家族が3人もいて助け出すことは出来なかったのでしょうか…。

青木恵子・長男・朴龍はこのことを現在どう思っているのか…

この住宅火災は自然に起きてしまった火事ではなく、故意に起きた放火による殺人事件ではないかという疑いが強まりました。

最初に疑われたのは青木めぐみの実の母親である青木恵子です。現在は52歳ですが、当時は31歳とまだ若い年齢でした。

なぜ青木めぐみの実の母親である青木恵子が疑われたのかというと、2人の同居人であった朴龍晧(ぼく・たつひろ)49歳、当時28歳が、自らがやったというように自白したからです。

数日後青木恵子も同じように自白をし、この住宅火災は事故ではなく、事件であるというように裁判で扱われました。

その後、青木恵子と同居人だった朴龍晧は無期懲役刑となり、ここから約20年間の間、牢獄に入ることになってしまいます。

青木恵子は娘に保険金を、朴龍は娘を強姦…

2人が無期懲役になった後、この事件は当時、このようにまとめられていました。

  • 青木恵子は小学生の娘に保険金をかけた
  • 朴龍晧は娘を強姦したあとに放火殺害した

2人は協力関係にあり、青木恵子はお金のため、そして朴龍晧は自身の強姦という罪を隠すために事件を起こしたのだという結論に至ったのです。

最悪なのはめぐみさんの遺体から朴龍晧が検出されということがわかっており、性的虐待を受けていたことが判明。11歳という幼い少女にも関わらずなんてむごい内容なのでしょうか…。

母親か長男か…誰か守ってやれる人はいなかったのでしょうか…。

しかしここで忘れてはいけないのは、この事件が「無罪」となる経過を辿ることになるということです。一体どうしてそうなったのでしょうか??

青木恵子も朴龍も無罪だったこの事件を今一度振り返ってみた


1 2 3