青森で自殺者を被写体にした写真が最高賞取消しに。その理由に批判殺到…

青森の『黒石よされ写真コンテスト』

被写体が自殺生徒だった写真

一時、最高賞に入選していたが急遽取りやめとなった。

その理由に批判が殺到している。


スポンサーリンク



入賞取り消しに

最高賞の『黒石市長賞』に内定していた写真が

急遽取り消されました

 

自殺した女子中学生が写っていたことが

理由で、伝え方の違いから『心霊写真なの?』

という口コミが多くありました。

 

実際には自殺する前に撮られた写真で、

撮影された祭りに参加した

数日後に亡くなられたようです。

 

その写真がこちら。

 

001-10

 

とてもいい笑顔ですよね。

最高賞に決まっていたのも納得です。

 

取り消された経緯

なぜこんなにもいい写真が

入賞取り消しになってしまったのか。

 

審査員が各賞を選んだ結果を主催者側に

伝えたのは10月11日です。

 

その直後にコンテスト関係者は写っているのが

亡くなった方だと知り、遺族に写真を公表しても

いいか確認を取り了承を得ています

 

しかし、翌日の12日にコンテスト責任者が

「写っているのが亡くなっている方であるなら

一考することが必要だ」

 

そう考え、13日に市長に内定について報告したところ

「亡くなられた方であるとすれば、再考すべきではないか」

という意見を述べられたそうです。

 

その夜に関係者で再度協議をした結果、

亡くなった原因を教育委員会などの関係機関が研究中で、

名前や写真が一切公表されてない時点では、

人権を考慮して断念しなければ。

 

そう考え、翌日の14日に写真を撮影した男性に

事情を説明し、受賞を辞退してもらったようです。

 

16日の夜にはコンテストの実行委員長と担当者が

遺族に会っておわびをしたそうです。

 

遺族の思い

怒りよりも悲しみの方が

大きかったのかもしれません。

 

(受賞内容を)家族みんなで喜んだのに、

突き落とされたような思い。

面倒に巻き込まれたくないと

言っているように聞こえる。

 

同じことを繰り返し述べ、

言い訳しているように感じる。

 

と、言われておりやはり納得は

していなかったようです。

 

市長は、

 

「入賞作品は月にイベント会場に展示させる。

イベントを盛り上げるという趣旨を踏まえると

亡くなった方が写っているのは

ふさわしくないと考えた

 

とも言われていたので、

遺族が納得できなかったのも

当たり前のように思えますね。

 

記者会見

10月19日の午後には主催者側が

記者会見を開いています。

 

黒石市の市長は

生徒に配慮して取り消しをしたが、氏名や写真などが

公開されたことから、応募者とご遺族のご了承を

得たうえで改めて市長賞を授与させていただきたい。

慎重さを欠く部分があり顔族に深くお詫び申し上げます。

 

と述べ、賞の取り消しを撤回したうえで

改めて市長賞を贈ると発表しています。

 

d74fd27bb8b661b9e616d5cc76331f09

 

これを受け撮影者の男性は、

一度辞退しているので自分の名前では受け取れないが

ご遺族が受賞を承諾するのなら、ご遺族の名前で

受賞してもらうのが望ましい。

と述べています。

 

今回の問題を受け、黒石市役所では

19日の午後3時までに300件の電話

1000件以上のメールが寄せられました。

 

そのほとんどが主催者側の対応への

批判や苦情だったようです。

 

ネット上でも、

・難しい問題だけど、

一回OKしたもの取り消すなよ

 

・市長の過剰反応じゃん

事勿れ主義だね

 

・いい写真なのに

 

・遺族が了承してるのに

何が問題なのかわからない

 

など、批判が多いようです。

 

自殺の原因はいじめだった

ネットでは

なんでこんな可愛い子が?

 

なんて言葉も多いです。

 

自殺の原因はいじめでした。

 

葛西まりさん(13)は幼い頃から

手踊りに取り組んでおり、小学6年生の時には

仲間と日本一になった実績も持っていました。

 

Twitterでは中学に上がるのを楽しみにいていたようで

 

友達できるかなっ♪

明日は入学式や!

 

など楽しみにしていた様子が伺えます。

 

しかし、実際に中学校に入ると

いじめに遭うようになってしまったようです。

友達に相談していた、以下のようなメッセージも・・・。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-19-14-43-29

 

いじめた加害者は2chで名前は挙がっているが

・同じクラス

・元同じクラス

・同じ部活

・幼馴染

・元カレ

など、15人前後もの人からいじめを

受けていたとされています。

 

いじめの内容は、

嘘の噂を流されたり、机を蹴られたり、

いじめられてる様子を笑われたり・・・

 

加害者の中には、いじめの指導を

受けていた生徒もいるということで、

学校側はもっと指導ができなかったのか、

との疑問が残ります。

 

8月の15日に祭りで手踊りを披露し、

その10日後に列車に飛び込んでしまい・・・

 

その際にスマホで遺書を残していました。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-20-13-24-59

 

読んでいると胸にこみ上げるものがありますね。

いい子だったのだろうと文面からもわかります。

 

『もう二度といじめしないで』

そんな彼女の想いが届いてほしいと願うばかりです。


スポンサーリンク



関連記事

⇒ イジメを受けていた中2女子が電車に飛び込み自殺。残した遺書の内容がエグすぎる(画像あり)

 

⇒ 【秋田県中3女子自殺】「トイレには制服が・・・」雄物川の橋から飛び込み自殺…遺体がやばい…

 

⇒ 【上尾駅人身事故】女子中学生、友達の目の前で電車に飛び込む…現場の写真がやばいと話題に…