講談社社員・朴鐘顕を殺害容疑で逮捕。『進撃の巨人』の編集者だった?


講談社編集次長が、妻を殺害した疑いで逮捕される事件が起きました。容疑者は、韓国国籍のカリスマといわれたやり手編集者

今世間から注目を集めています。



スポンサーリンク

事件の経緯

逮捕されたのは、朴鐘顕(パク・チョンヒョン)容疑者(41)。

始まりは、昨年2016年8月9日。文京区の住宅で、朴容疑者から「帰ってきたら妻が倒れている」と119番があったのです。

奥さんは1、階玄関付近で心肺停止の状態で倒れており、病院に搬送されましたが、その後死亡が確認されています。

警察官が朴容疑者に説明を求めたところ、

「酒に酔って帰宅したら妻が刃物を持っていたので、押さえつけた。その後、気がついたら妻が死んでいた」

「帰宅後、妻と会話をした。子どもの様子を見に行って戻ったら妻が首をつって自殺していた」

などと話し、死亡への関与を否認していました。


1 2 3 4

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
hayashimedhia@gmail.com

講談社社員・朴鐘顕を殺害容疑で逮捕。『進撃の巨人』の編集者だった?


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!

footer-image