ショーコショーコー…麻原彰晃(オウム真理教)の歌はなぜ中毒性があるのか

国内ニュース


麻原彰晃(本名・松本智津夫)を尊師と仰いだ「オウム真理教」。実態は宗教団体ではなく、地下鉄サリン事件など悲惨な事件を巻き起こし日本中を震撼させたテロ組織です。今回は、耳に残るメロディの音楽や歌を用いた巧みな勧誘活動に注目していきます。

音楽を利用して洗脳に導いた麻原彰晃

90年代日本列島を震撼させた「オウム真理教」(現Aleph)

宗教団体との位置付けですが、地下鉄サリン事件など多くの犠牲者を出したことで知られる、実際には危険なカルト集団です。

そのオウム真理教は信者を獲得するため、歌や音楽を利用した巧みな手法で布教活動を進めていきました。

オウム真理教は実に多くの楽曲を作成し、直営グッズショップでカセットテープを販売したりしていたのです。

また、オウム真理教信者によって1998年に結成された「完全解脱(かんぜんげだつ)」というロックバンドが存在していたことも。

キリスト教のゴスペルや日本の祝詞に代表されるように、歌や音楽には気分に影響を与えいわゆるハイの状態にさせるという洗脳効果があることがわかっています。

本来宗教と音楽の親和性は高く、オウム真理教もその効果を利用したというわけです。

麻原彰晃の娘や妻の現在!三女・松本麗華はTV出演で話題に

麻原彰晃を讃える「尊師マーチ」

数あるオウムソングの中で最も知名度が高い歌は、「尊師マーチ」です。

「尊師マーチ」は、その軽快かつ覚えやすいメロディーとリズムで構成され、教団或いは麻原自身を象徴する一曲となっています。

オウム関連の報道特番やドキュメンタリー番組で繰り返し使用されているので、当時を知らない幼い世代も一度は耳にしたことがあるでしょう。

最初のフレーズは2音の単純な繰り返しであり簡単に演奏できることから、事件後にテレビでそれを覚えた全国各地の小学生たちが学校でリコーダーやピアニカで演奏するという社会現象を引き起こしたほど。

オウムソングはほかに「真理教、魔を祓う尊師の歌」、「エンマの数え歌」、「極厳修行者音頭」などがあります。

「尊師マーチ」は選挙ソングだった


1 2 3 4