ショーコショーコー…麻原彰晃(オウム真理教)の歌はなぜ中毒性があるのか

国内ニュース


日本中を震撼させた「地下鉄サリン事件」を起こすなど、

凶悪なテロ組織として有名な麻原彰晃(本名・松本智津夫)を尊師と仰ぐ「オウム真理教」。

本記事では洗脳に使われていた麻原彰晃(オウム真理教)の歌に、注目していきたいと思います。

中毒性の高い歌を利用して洗脳に導いた麻原彰晃

1990年代「地下鉄サリン事件」、「松本サリン事件」を起こすなど、

日本中を震撼させた麻原彰晃率いる「オウム真理教」

宗教団体という位置付けで活動してきたオウム真理教ですが、極悪非道なテロを起こすなど、

現在ではカルト集団として認知されています。(※現在の組織名はAleph

カルト集団でありテロ組織でもあるオウム真理教が、数多くの信者を得ることができた理由の1つに、中毒性の高い歌を利用して、人々を洗脳に導いていたという背景があるのです。

実際、オウム真理教は数多くの歌を作成。

オウム真理教の直営グッズショップにて、当時主流だったカセットテープを販売していました。

オウム真理教や麻原彰晃を知っている人がいても、教団が歌を作成しカセットテープの販売までしていたことを知らない人は多いのではないでしょうか?

麻原彰晃率いるオウム真理教が、そんな活動までしていたとは、驚きを隠せません。

麻原彰晃の妻(松本知子)や子どもの現在。名前を「松本明香里」に改名

麻原彰晃率いるオウム真理教のロックバンドの歌も洗脳に利用されていた

1998年には麻原彰晃率いるオウム真理教は、

「完全解脱(かんぜんげだつ)」といロックバンドを作成。

その背景には、歌を作って人々を洗脳させる目的があったのです。

というのも、キリスト教にもゴスペルという歌があるように、歌には人をハイにさせて気分を良くする洗脳効果があることがわかっています。

一見見落とされがちですが、

宗教と音楽・歌は密接な関係にあり、信者を集めるのに非常に効果的。

そのため、麻原彰晃もオウム真理教にロックバンドを作り、歌を人々に聞かせ洗脳に利用していたのですね。

極悪非道なテロ組織「オウム真理教」がそこまで考えて、信者たちを洗脳していたとはあまりにも意外です。

麻原彰晃の娘や妻の現在!三女・松本麗華はTV出演で話題に

麻原彰晃を讃える歌「尊師マーチ」


1 2 3