妊娠7週半の赤ちゃんをブログに投稿し炎上…その裏にある両親の想い

海外ニュース


「なんて尊い命なのだろう」と、この写真を見たユーザーの一人が言ったといいます。

アメリカでは、水子として亡くなった赤ちゃんの写真を撮る団体があり、記録として残そうと考える人は少なくないようです。しかし、ダニソンさん夫妻のように公開するというところまでは、と考える人が多数います。

写真として残すことにより、流産による精神的なストレスを和らげようとする行為につながるといいますが、こうした公開する行為に関しては是非が問われそうです。

誰しも我が子を悼む気持ちは理解できるでしょう。

気持ちが悪いという理由で批判する意見も多いですが、人は皆、通ってきた過程ではないでしょうか?

ダニソンさん夫妻の気持ちを理解して、子供に対する哀悼の意を示すのも大切ではないかと思います。

関連記事

⇒ 木下優樹菜がインスタで大炎上!衝撃の内容がヤバすぎる。


1 2 3