自分は大丈夫!その考えが命取り。ヒグマと遭遇した恐怖体験…

ヒグマ遭遇

春になり活動しやすくなるのはヒトだけではありません。ヒグマも冬眠を終えます。野山を甘く見ている人も多いですが、死と隣り合わせ。危険なのです!



スポンサーリンク

ヒグマのとって特別はない

「完全にアウトだと思った」

そう語るのは2014年にヒグマに遭遇した男性です。

ヒグマ遭遇

キノコ狩りを30年に渡って行なっていたそうですが、今までヒグマに会ったことなんてなかったと話しています。

だからこそ『自分は大丈夫』
そんなおごりがあったのかもしれません。

突然、ほんの2〜3メートルの位置でヒグマに遭遇!

ビックリ

それも体長1,5メートルぐらい。
男性は、とっさに持っていた鎌を振り下ろしたそうですが・・・

先端をぽきっと、まるでおもちゃのように折られてしまったそうです。

そこからはヒグマのターン。

ヒグマ

右手は何度も噛まれ、牙が骨にまで届いて…。
頭も噛まれ、手の小指、そして両足の骨も折れてしまい、仰向けに倒れこんでしまいました。

ヒグマは大人しくなった、とでも思ったのかよだれがつきそうな距離まで顔を近づけてきます。

「もうダメだ。」そう思い諦めていたら・・・
何もせず立ち去っていったそうです。


スポンサーリンク

ヒグマに遭遇したときはコレ!

一体、ヒグマに何があったのでしょうか?

よく死んだふりをしたらいい。
そう言いますが、クマは死体でも食べるそうなので、意味はないそうです。

なので、諦めて動かなくなったから助かった、とは言えないですよね。

そのため、なんで助かったのか、それはヒグマ本人に聞かないと分からないです。
助かったのは奇跡!
そう言っていいでしょう。

クマの気持ちを理解している。
そんな風に思ってしまうと、こんな事件になってしまう可能性が・・・。
⇒ どうぶつ奇想天外で最悪の放送事故。ヒグマに食いちぎられるスタッフの一部始終。

また死んだふりもダメですが、鈴をならすというのもヒトを食べたことのあるクマには効きません。

鈴

それどころか、ヒトの味を覚えてしまっているので、逆に寄ってくるそうです。

鈴を持ってるから安心!なんて思わないように!

1番いいのは、1人で行動しないで熊よけスプレーを持つこと。

スプレーは唐辛子の粉が入っているので、クマが襲ってきたとき3mぐらいまでひきつけて、顔をめがけて一気に全量噴射して使います。

それでも向かってきた場合は、うつ伏せになり手を首の後ろで組み、防御態勢をとりましょう。

防御態勢

まずは遭遇しても、落ち着くこと!
じっとしてたら逃げていったということも多いので、刺激しないようにすることです。

温かくなってきて、山などに出かける機会も増えるでしょう。

悲しい事件が起きないように、心構えはしておいたほうがいいですよ!!

スポンサーリンク

↓↓↓よかったら、いいね!お願いします。

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
info@vipper-trendy.net

ヒグマ遭遇

自分は大丈夫!その考えが命取り。ヒグマと遭遇した恐怖体験…


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!