ビートたけしの事故には細川ふみえと諸星が関与?2017年目の真実とは

芸能


若い人は知らない人も多いかもしれませんが、かつてビートたけしは生死に関わるような大事故を起こしたことがありました。

報道陣を絶句させた出来事とは一体何だったのでしょうか?

ビートたけしの事故はいつ起きたの?

お笑い芸人の巨匠、ビートたけし事故を起こしたのは1994年、今から24年も前のことになります。

彼はスクーターで運転中、カーブを曲がり切れなくなってしまい、そのままガードレールに激突。

右側頭部頭蓋骨陥没骨折、脳挫傷、右頬骨複雑骨折で全治1ヶ月の重症を負った。

引用:ビター・マガジン

ビートたけしの顔は↑の画像の通り、事故を起こす前と後では完全に違うくらい変わり果て、重度の顔面麻痺の後遺症が残りました。

ビートたけしに「たけし、金くれ!」売れた途端にお金を要求した母親。その理由は・・・に関する記事はコチラ

ビートたけしの事故を発見したのは諸星和己

意外と知られていない事実ですが、実はビートたけしの事故を1番に発見し、救急車を呼んだのは、当時現場近くでレコーディングしていた、元光GENJIの諸星和己だったのです。

@87.nanaqueen)さんの投稿

諸星和己はうつ伏せになって倒れている男性を発見。

救急車を呼んだところ、怪我をしていたのは、なんとビートたけしだったそうです。

もしも諸星和己が事故現場を通り掛かるのが遅かったとしたら、ビートたけしの命は助からなかった可能性もあります。

売れっ子芸能人の事故を売れっ子アイドルが発見するという、まるで奇跡のような瞬間でしたが、諸星和己のおかげでビートたけしは一命を取り留めるのです。

ビートたけしは細川ふみえに会いに行く途中だった?!

そもそも事故を起こしたビートたけしはどこに行こうとしていたのかというと、巷の噂によると、どうやら当時彼女だったと言われている↓の画像の女性、細川ふみえに会いに行く途中だったと語り継がれています。

しかし「実は既に会った帰りだったらしいよ…」なんて説もあるそうです。

@teleca_chan)さんの投稿

細川ふみえといえば、元グラビアアイドル、豊満なバストは多くの男性を虜にしていました。

事故後の記者会見で、ビートたけしは名前こそ明かしませんでしたが、おネエちゃんに会いに行ったことは認めています。

事故する一週間前に細川ふみえがたけしの別宅を訪れたところを、写真週刊誌『FOCUS』にスクープされていたのは事実。

その前の『FRIDAY』襲撃事件でも交際していた21歳の専門学校生が絡んでいただけに、たけしは2度も女性関係で災難にあっている。

引用:ビター・マガジン

ビートたけしと1日でもお付き合いしたいと思う女性がたくさんいることは容易に想像つきますが、実際の生活の中で、ビートたけしはかなりたくさんの女性と関係を持っていたようです。

まぁ、それだけモテモテだったということですね。

ビートたけし、事故59日後に退院会見

事故の後遺症のせいで、半年間はテレビに出演することができなかったビートたけしでしたが、59日間の入院後、1994年9月27日に退院会見を開きました。

その時の画像が↓の右側の写真です。

集まった報道陣の多くは「ビートたけしが事故にあった、怪我をしているらしいと聞いているが、まぁ元通りに戻っているでしょう」くらいの気持ちで記者会見に臨んでいたんだそうです。

しかしその場に現れたビートたけしの姿を見て、ほとんどの人が絶句…。

言葉を失いかけてしまったんだそうです。

ビートたけしの第一印象はどうだったのかというと、

  • 目の焦点は合っていない
  • 口元が大きく歪んでいる
  • 重度の顔面麻痺がほとんど治っていない

状態でした。

事故の影響で凄みが増したビートたけし


1 2 3