体に良い寝相が発覚!左向きは良いこと尽くしだった!

体に良い寝相が発覚!左向きで寝続けた結果、体に起きるある変化が凄い!
今回はそんな左向き寝がもたらすメリットを紹介します。



スポンサーリンク

左向きで寝続けると体に良い変化が

睡眠時の姿勢を気にしている人は決して多くないでしょう。しかしその姿勢が私たちの健康や寿命に影響してくることが研究によって分かってきたと言います。

生命科学の専門医であるJohn Douillard博士は「左向き寝」が健康に最もメリットをもたらしてくれると提唱しています。「左向き寝」によってどのようなメリットがもたらされるかを紹介します。

1.胃酸の逆流を防ぐ

胃の形状から、右向きに寝てしまうと胃酸が食道を逆流しやすいのだそうです。反対に左向きに寝ることで胃酸の逆流を防ぎ、胸焼けの予防となります。

理由は胃の形にあるようです。反対の右向きで寝てしまうと胃酸が食道を逆流してしまうため、胸焼けを起こす原因になるようです。

2.いびき防止

いびきの原因の一つは、舌が重力に引っ張られて気道を圧迫することです。左向きに寝ることで舌が気道を圧迫することが無くなり、いびきを改善することができます。

【閉塞性睡眠時無呼吸症候群】に悩む人には、左向き寝が効果的なのだそうです。

3.食べた物の消化吸収を良くする

左向きで寝ると消化器官内での食べた物の移動が重力によってスムーズになると言います。

『左向きに寝る際、重力によって消化器官では、食べたものの移動がスムーズになる。』
とJohn Douillard博士は主張しているため、小腸から大腸へと排泄物が移動しやすくなり、お通じが良くなるのだそうです。


スポンサーリンク

4.心臓への負荷の軽減

左向きで寝ることによってリンパ液が心臓に向かって排出され、心臓の負荷を軽減すると言います。

心臓に向かってリンパ液が排出されることで睡眠を助長し、心臓はムダな動きをせず、休息状態が得られるそうです。

5.脾(ひ)臓への負荷の軽減

脾臓は「リンパの塊」とも言われる大切な臓器です。脾臓の有る部位は体の左側です。心臓同様に重力に逆らわない左向きが最適だそうです。

6.リンパの流れが良くなる

リンパの主要部分は主に体の左側に有り、左向きで寝ることによって毒素や老廃物がろ過されるのだそうです。

なぜかと言うと、人間の体を流れるリンパの主要な部分は左側にあり、そちらを下にすることで、毒素や老廃物をろ過する働きがあるためだそうです。

7.血液循環の改善

左向きに寝ることによって体の右側を通る大動脈が圧力が圧迫されず血液の循環がスムーズになります。血液の循環が良くなると静脈瘤の予防にもなります。

特に、足の静脈に血液が詰まり、血管がボコっと浮き出ている人は左向きで寝続けた方がよいようです。

8.胎児への影響

妊婦さんは左向きに寝ると赤ちゃんの健康に良い影響が出ると言います。
左向きに寝ることによって血液の循環が改善し、胎児の健康へも大きく影響があるそうです。

ネットでの反応

・胸焼けしないのは経験で知ってた

・俺は左曲がりなんだけど

・俺の兄貴が左向きでいびきが治ったって言ってたな

・これ寝返りうったらどうすんの


スポンサーリンク

関連記事

両手の親指に息を吹きかけると凄いことになる(詳細画像あり)

体に良い寝相が発覚!左向きは良いこと尽くしだった!


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!