劇的ビフォーアフターで約2900万円の未払い? 建設会社がTV局提訴へ

未分類


どうもそうではなかったようだ。

 

この番組に応募し、多額の費用をかけて

匠・滝澤俊之氏にリフォームしてもらったが、

「我が家を台無しにされた」と

中野区でラーメン店を営む中薗尚秋氏が実名告白したのである。

彼は築48年の中古住宅を10年前に購入したが、

敷地に高低差があり、一番大きいのは70㎝もあった。

階段を作って上り下りしていたが、踏み板が狭く、

妻が転んでアキレス腱を切ったこともあり、

改造に踏み切ったのだそうだ。

見積もりは2100万円

リフォームにしてはかなりの高額である。

しかも見せられたのは手書きの見取り図だけで、

滝澤氏と中薗氏が完成までに会ったのはたった2回。

 

できた家に入って中薗氏はビックリ仰天する。

70㎝の段差はそのまま残り、外壁の色が違い、

二階の部屋は狭く暗くなるし、

1階は以前より寒くなってしまったというのだ。

 

そこで局側と話し合い、第三者に調査を依頼すると、

「リフォーム以前の建物より、品質が悪くなっているという点。

基礎、耐力壁、断熱、防火など、

あらゆる箇所で瑕疵が見受けられます」

 

その上、匠の選ばれ方にも問題があるようだ。

ある匠は「私の所にはホームページを見て『匠、やりませんか?』

と電話してきた。

あの番組はショーの要素が強く、施主の希望は通らない」と語っている。

 

2000万円以上もかけて改造した家なら、

以前より快適で、地震や火災に対する性能も

よくなっていると思うのは、当然のことだろう。

 

さて、このクレームのついた物件が今後どうなるのか、

テレビ局側は逃げないで、

この問題の『ビフォーアフター』をやる責任があるはずだ。

 

▼ビフォーアフター画像1
b-a-1

 

▼ビフォーアフター画像2
b-a-2

 

▼ビフォーアフター画像3
b-a-3

 

匠の選出方法

このリフォームを担当した匠は滝澤俊之という人物で、

ビフォーアフターでは『空間方程式の芸術家』と紹介されています。

 

公式サイトには以下のようなコメントが掲載されていました。

【以下引用】
自分自身も見たことがないくらい段差が散りばめられた家なので、まず分散された段差を解消することを第一に。そして、仲の良い家族なので、広い家の中でどこに居ても互いの気配が感じられるようなプランにしたい。
【引用元:アキレス腱を切る家 | 大改造!!劇的ビフォーアフター SEASON II | 朝日放送】

 

段差を解消することを第一にと言っておきながら、

一番大きな段差を残すという暴挙に出ました。


1 2 3 4