バイクを運転していた男性が上半身切断。悲惨な末路が怖すぎる。

神戸市の国道2号線でバイクを運転していた男性上半身切断という事故を起こし、即死した。

なぜこんな事故が起こったのでしょうか。詳細をまとめました。


スポンサーリンク

警察の追跡から逃走していた

5a4b7c86c0aca52b0a7b5c72c819a70b

神戸市を走る国道2号でオートバイが速度超過をしていた。

警察が発見し停止を求めたところ、停止を無視し警察官の足を轢いて逃走。

すぐに白バイが追跡を開始しましたが逃走していたオートバイは対向車線に入るなど危険運転をしていたため逃げ切られてしまう。

しかし、その後、オートバイの運転手は変わり果てた姿になっていた。

逃走中のオートバイ男性上半身切断

逃走していたオートバイは別のバイクに衝突し、上半身が切断され真っ二つになっていた。

切断された上半身は山陽鉄道の線路内まで飛ばされ、山陽鉄道は上下線合わせて27本が運休するなどし約1万人に影響が出たとのことです。

長田署の池田公寿副所長は

「詳細は捜査中なので分からないが、
違反車両を停止させるためには必要な追跡だった」

とコメントを発表しています。

スポンサーリンク

なぜ上半身が切断されたのか

オートバイを運転していた男性は白バイから逃れるために対向車線に入るなど危険な運転を繰り返していた。

そのため、オートバイは別のバイクに衝突し弾みで電柱を支えるワイヤーに衝突したようです。

e2b3784b004bb9d76c541d36a8107fa2

簡潔にまとめると以下となります。

白バイに追走される

振り切ろうとして事故る

電柱のワイヤーに激突

切断された上半身が線路内へ

下半身はそのままバイクで逃走

cui_w1awgaaiyny

山陽電鉄は上下27本が運休

警官の足をひいて逃げ回った挙句、山陽電鉄は上下27本が運休するなどし約1万人に影響したようだ。

速度超過で捕まるの嫌で署員の足轢いて逃げて、追跡してくる白バイから逃げるために対向車線に入ったら対向からのバイクに衝突。

そのまま吹っ飛んで電柱のワイヤーにぶつかり身体分断、上半身が山陽電鉄の線路内に落ちて電車運休、犯人即死というのは色々凄すぎてなんかもう・・・

ネットでの反応

・警察は悪くないでしょ笑

・電柱ワイヤーにぶつかって上半身切断で即死て………
そんなのゲームや漫画の世界のことかと…

・バイクで事故って上半身切断ってこわ

・上半身切断のニュースみたんだけど
これは怖い…うわ…

・上半身切断って・・・ファイナルデスティネーション

 

詳細が不明とのことなので経緯は分かっていませんが、電柱のワイヤーが人の上半身を真っ二つに出来るほどの危険な存在であることが今回の事件で判明したことになります。

違反をしていたのは事実なので追跡に問題があったとは思えないですが、逃走していた男性も運が悪かったとしか言えないですね。

スポンサーリンク

関連記事

⇒ 新名神高速道路で肉片になった女性の事故原因がヤバすぎた・・・