時給は2億円 天才ビル・ゲイツの幼少期からの知られざる素顔

仕事・ビジネス


マイクロソフトの生みの親である、ビル・ゲイツの年収を知っていますか?

時給にすると、約2億円。そんな彼の家は、パリ市より広い敷地なんだとか。

今回は大富豪ビル・ゲイツの幼少期からの経歴などと共に、あまり知られていない彼の素顔をご紹介。

ビル・ゲイツの経歴(誕生〜世界一のCEOになるまで)

ビル・ゲイツは1955年10月28日に、アメリカのワシントン州シアトルで生まれました。

@thisisbillgates)さんの投稿

現在年齢は、62歳(2018年7月時点)。

正式な名前は「ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世」です。

血液型については公表されておらず、ネット上ではO型やA型などといった噂があります。

ビル・ゲイツは幼少期から秀才だった

ビル・ゲイツの両親は、弁護士(父)と教員(母)の仕事をしていました。

兄弟には、2人の姉妹がいます。

@thisisbillgates)さんの投稿

ビル・ゲイツは幼少期、熱心な読書家であったと彼の父が明かしています。

それは、

夕食のときは本を読まない

というルールを作らなければいけないほど。ビル・ゲイツは幼い頃から、

百科事典でもサイエンス・フィクションでも何でも、あらゆる分野の本に興味を持っていた
出典;forbesjapan

そうです。

@thisisbillgates)さんの投稿

そんなビル・ゲイツの、小学5年生時の将来の夢は、宇宙飛行士か科学者。

ボーイスカウト聖歌隊の活動をこなしながらも、小学校の成績は「非常に優秀なものだった」と言われています。

@instagramさんの投稿

ビル・ゲイツの父は息子の幼少期を、

成長するにつれて、世の中の動きに強い関心を示すようになった。ビジネス、人生、国際問題、未来などについて、思慮に富んだ意見を述べるようになった
出典;forbesjapan

と振り返っています。

ビル・ゲイツがマイクロソフトを設立するまで

ビル・ゲイツがコンピュータに関心を示し始めたのは、『私立レイクサイド中学・高校』の在学中でした。

ビル・ゲイツは13歳からコンピュータプログラミングを始め、高校最後の年には地元近くの発電所で、プログラミングの仕事を。

そして1973年、ついに実家を出てハーバード大学に入学しました。

ちなみに、アメリカ版センター試験と呼ばれている「SAT」でビル・ゲイツは、1600満点中1590点を叩き出したというので驚き。

ハーバード大学在学中は、初代マイクロコンピュータ「MITS Altair」向けにプログラミング言語BASICの開発に成功しています。

@thisisbillgates)さんの投稿

しかし1975年、中学校で出会ったポール・アレンと共に、ソフトウェアメーカー「Microsoft(マイクロソフト)」を設立

その後、ハーバード大学を中退しました。

「マイクロソフト」ではWindowsシリーズなどを開発し、世界一のソフトウェアメーカーとして成長させています。

@Surfaceさんの投稿

ビル・ゲイツの年収、総資産額は?

ビル・ゲイツの最高年収は、1兆6,635億円と言われています。

彼は世界的にみても大金持ちであり、「世界富豪ランキング」では長期に渡って首位を獲得していました。

@thisisbillgates)さんの投稿

そんなビル・ゲイツの総資産額は、887億ドル(2017年時点)。
日本円にすると、10兆600億円です。

ビル・ゲイツの年収を時給換算すると…


1 2