バイオハザードの新作、6の撮影でジョヴォヴィッチ役の女性が左腕を切断・・・


バイオハザード6の撮影現場で

ミラ・ジョヴォヴィッチ役の女性が左腕を切断という事故が起きた。


スポンサーリンク

スタントウーマンが事故に

日本のゲームを元に制作され、

世界中で大ヒットした映画「バイオハザード」。

 

そのシリーズ第6作となる

「Resident Evil: The Final Chapter(原題)」の

撮影中に悲劇は起きました。

 

主演であるミラ・ジョヴォヴィッチさんに代わり

危険なアクションシーンを演じるスタントウーマンの

オリヴィア・ジャクソンさんが左腕を切断するという

痛ましい事故が起こってしまったのです。

オートバイで疾走するシーンで事故

撮影中に、猛スピードで走るオートバイと


1 2 3 4

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
hayashimedhia@gmail.com

バイオハザードの新作、6の撮影でジョヴォヴィッチ役の女性が左腕を切断・・・


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!

footer-image