「抱っこしない!」産まれた赤ちゃんを拒否した父親。その理由に涙が…

新たな命が生まれる奇跡の瞬間『出産』夫婦にとって大仕事です!しかしリスクも高く2000件のうち300件は命の危険と隣り合わせ…

母親にとって本当に命がけなのです!



スポンサーリンク

産まれた子供を抱くのを拒否!?

出産の辛さは一生、男性は本当の意味で理解できる日はこないでしょう。

実際に体験できませんからね。

簡単に産むことができると思っている人もいるようですが、自分の命が危険になることもあるほどリスクが高いんです。

そんな出産で奥さんが意識不明の中、帝王切開で赤ちゃんが取り出せれた時のこと。

母子ともに危険でしたが、赤ちゃんは無事に産まれることができたのです!

赤ちゃん

立ち会っていた旦那さんは大喜びのはず。
今すぐにでも、我が子を抱きたいと思うのが普通でしょう。

しかし・・・
看護師さんが「抱かれますか?」との質問に対して

「今はいいです!!」

・・・・・・なんで!?
大変な思いをして生まれてきた我が子を抱かないなんて、実は欲しいと思ってなかったのか!?

しかし・・・
そうではなくそこには、旦那さんの奥さんを愛する気持ちが隠れていたのです。


スポンサーリンク

旦那さんの想いとは

奥さんは出産の時、30時間も続く陣痛に弛緩発作のため、意識がなくなってしまったのです。

その時、お医者さんは「母子共に危険な状態」だと告げました。

旦那さんは迷わず、

「母親の命を優先してください」

そうお医者さんに頭を下げたそうです。

10ヶ月間、名前をつけて楽しみにしていたお子さんだったのに。

旦那さんは産まれる前は、

「子供が産まれたら、一番目は子供。お前は二番目に降格やなぁ」

そう嬉しそうに言っていたそうです。

母子ともに無事に産まれることを祈っていたのでしょう。

妊娠

しかし、奥さんは意識不明のまま、緊急帝王切開に。

子供が先に、無事にとりあげられてましたが、奥さんはまだ無事とは言えない状態

看護婦さんが「抱かれますか?」と聞いた時 に子供を抱かなかったのは、『願掛け』だったそうです。

「あいつが助かってから、一緒に抱きたいんで、今はいいです」
「抱いた重みで、父親になった実感がわいてくるんかなぁ」

そう断っていたのです。

旦那さんの本当の気持ちはそこにあったのですね。
もう感動で涙が・・・。

その後奥さんは…

奥さんは、半日ほどたって容態が安定しました。

母子共に無事に出産が終えて、本当によかったです!

旦那さんも安心したのと、緊張がとけたのでしょう。
トイレから泣いてる声が廊下にも聞こえていたと言います。

奥さんは、看護婦さんみんなに

「いい旦那さんやね」

そう言われたそうです。

旦那さんは元々「男は泣くもんじゃない!」といつも言っているのだそう。

そんな彼が泣いたのは、結婚式と、流産した時、そして今回だけだといいます。

普段泣かない旦那さんが、奥さんのことでは泣いている。

奥さんにとって、これほど嬉しいことはないでしょう。

本当の夫婦の絆がそこに

奥さんは旦那さんのこと、この日のことをこのように話しています。

「普段は、優しい方ではないし、口も悪い旦那。

でも、ほんまに困った時は、絶対に助けてくれるから、いざって時、一番に頭に顔が浮かびます。

いつも、きつい冗談で泣かされてばかりやけど、調子狂うやんか。

でも、これで、一生分くらいならついていけるような気がします。

絆は、目に見えないものやけど、ほどけない絆が出来た日は、この日やと、私は密かに思ってます」

泣けるお話ですよね!!
もう下手な映画なんかより、よっぽど感動しました!

普段、寄り添っているからこそ、言葉がぶっきらぼうになったりするものです。

『お互いに気持をわかっていて当たり前だろう』という心が、普段から感謝の言葉が伝えられない原因だったりもします。

しかし、いざ大切な人が危険な場面に遭遇した時には、誰よりも愛する人を一番に考える。

その人を愛しているからこそ、『一緒に幸せを味わいたい』 と思うのです。

『今はいいです!!』という旦那さんの一言が、奥さんに対するすべての愛情だと思います。

最後の文にある『ほどけない絆』
そんな例えがでるほど、お互いを思いあえる関係は、そう簡単につくれるものではありません。

普段の旦那さんの態度は、妻を信頼しているからこその態度なのでしょうね。

ネットの反応

・いい旦那さんだ!涙が止まりません・・・

・感動しました!

・なんて良い夫!素晴らしすぎます!!

・本当に奥さん思いの良い旦那さんですね。

ネットでも感動の声が多数上がっています。

ほんとにいい夫婦!
これほどまでに固い絆で結ばれていて、羨ましいですね!


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 奇病を持って生まれた少女、22年後におきた奇跡。