ブラックビスケッツの裏事情。テレビで流せない禁断のタブーがあった

ウッチャンナンチャンのウリナリ!!で誕生したブラックビスケッツ

紅白歌合戦に出場するほどの人気があったが、現在当時の映像はほとんどテレビで流れていません。

それにはテレビでは話せない裏話がありました。



スポンサーリンク

一世を風靡したブラックビスケッツ

ブラックビスケッツは『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』の企画の中で誕生した
「ポケットビスケッツ」にライバルとして対抗したユニットです。

ポケットビスケッツのメンバーがウッチャンナンチャンの内村光良、タレントの千秋、キャイ~ンのウド鈴木だったのに対し、
ブラックビスケッツはウッチャンナンチャンの南原清隆、台湾出身タレントのビビアン・スー、キャイ~ンの天野ひろゆきである。

ポケットビスケッツを潰そうとする悪役として活躍していた

グループ結成当初の活動は「ポケットビスケッツ」のライバルとして、「ポケットビスケッツ」を潰そうとする悪役として活躍していたが、対決企画で負け続けていくうちに路線を変更した。

その後シングル「Timing」を発売し、CD出荷枚数200万枚という大ヒットを記録した。
またポケットビスケッツと共に1998年の紅白歌合戦にも出場を果たしている。

ちなみに当時、ポケットビスケッツに働いていた悪事は、当然ながら番組の台本であったが、
ポケットビスケッツの人気が高かったためか、真に受けた視聴者も多かったようで批判や苦情が多かった。

最近はテレビで放送されていない…

紅白出場も果たした「ブラックビスケッツ」だが、
なぜか現在のテレビではほとんど当時の映像が流れることは無い。

実はそこにはこんな事情があった。

「ビビアン・スーは日本の芸能界と距離を置いたため、
同曲の映像使用は難しい状態である」

確かにビビアン・スーは元々台湾人であるため、
日本の芸能界と距離を置いて台湾に活動拠点を移すことは自然である。

しかし、それだけでテレビでの映像使用が難しくなるというのは少し不自然であるように感じる。

メンバー内にもある裏事情が・・・


テレビで放送されない表事情はビビアン・スーが台湾に活動拠点を移したからであったが、
実はメンバー内で起きた裏事情が存在していた。

それはブラックビスケッツのメンバーであった
ビビアン・スーと南原清隆が不倫によるいざこざがあったのだ。

2人の不倫がテレビ局の関係者にバレてしまったため、
ビビアン・スーは台湾に帰国し、
日本のテレビで見ることは無くなってしまった。

その後。ブラックビスケッツは解散を余儀なくされ、
当時の映像は全てお蔵入りになったそうだ。

ネットの反応

・ビビアン可愛かったのになー。

・日本の事務所が海外の事務所に権利申請をするのが面倒になんだろw

・タイミングは名曲だよなぁ。

ちなみにビビアン・スーは2015年8月に結婚し、
たシンガポールで男児を出産している。

しかし病気により、妊娠32週目での帝王切開で出産。
子供の出生体重は2kgだったのである。
これからも幸せな家庭を築いて欲しいですね。


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 新庄剛志の現在。しくじり先生でろれつ回らず…金銭トラブルも…

ブラックビスケッツの裏事情。テレビで流せない禁断のタブーがあった


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!