ブラックビスケッツの裏事情。テレビで流せない禁断のタブーがあった

芸能


実はそこにはこんな事情があった。

「ビビアン・スーは日本の芸能界と距離を置いたため、
同曲の映像使用は難しい状態である」

確かにビビアン・スーは元々台湾人であるため、
日本の芸能界と距離を置いて台湾に活動拠点を移すことは自然である。

しかし、それだけでテレビでの映像使用が難しくなるというのは少し不自然であるように感じる。

メンバー内にもある裏事情が・・・


テレビで放送されない表事情はビビアン・スーが台湾に活動拠点を移したからであったが、
実はメンバー内で起きた裏事情が存在していた。

それはブラックビスケッツのメンバーであった
ビビアン・スーと南原清隆が不倫によるいざこざがあったのだ。

2人の不倫がテレビ局の関係者にバレてしまったため、
ビビアン・スーは台湾に帰国し、
日本のテレビで見ることは無くなってしまった。

その後。ブラックビスケッツは解散を余儀なくされ、
当時の映像は全てお蔵入りになったそうだ。

ネットの反応

・ビビアン可愛かったのになー。

・日本の事務所が海外の事務所に権利申請をするのが面倒になんだろw

・タイミングは名曲だよなぁ。

ちなみにビビアン・スーは2015年8月に結婚し、
たシンガポールで男児を出産している。

しかし病気により、妊娠32週目での帝王切開で出産。
子供の出生体重は2kgだったのである。
これからも幸せな家庭を築いて欲しいですね。

関連記事

⇒ 新庄剛志の現在。しくじり先生でろれつ回らず…金銭トラブルも…


1 2 3 4