【大人のマナー】口臭の原因別にみる対策法とおすすめ口臭チェッカー3選

ファッション・美容


口臭対策①歯医者でみてもらう

まず、虫歯や歯周病が原因で口臭が発生している人は、歯医者で治療を行うのが一番です。

また定期的に歯科を受診し、検診や歯垢の除去を行うのも良いでしょう。

口臭対策②唾液の分泌量を増やす

口の中が乾燥しやすい人は、

  • こまめな水分補給
  • よく噛んで食べる
  • ガムなどを噛む

ことなどを意識し、口臭を予防しましょう。

誰かと喋るとき、口をしっかり動かすだけでも唾液腺は刺激され、唾液の分泌量は増えますよ。

唾液腺のマッサージも、もちろん効果的。

先述した通り、特に唾液が減る睡眠中に備え、就寝前は十分に水分補給を行うことが大切です。

「紙コップに冷たい水を入れる(ウォーターサーバー)紙コップに冷たい水を入れる(ウォーターサーバー)」のフリー写真素材を拡大

口臭対策③歯磨きをこまめに行う

口内の菌の増殖を防ぐためにも、歯磨きはやっぱり重要。

寝起きは口の中に細菌が最も多い状態なので、起床後の歯磨きは特にしっかりと。

舌の表面の汚れである「舌苔(ぜったい)」も、細菌の増殖の原因となるので、あれば専用ブラシで磨き落としましょう。

デンタルフロスやデンタルリンス、マウスウォッシュなどを使用するのも口臭対策になりますよ。

口臭対策④牛乳を飲むorレモンを食べる

牛乳は、

脂肪分がニンニクの匂い成分を溶かして臭いを隠せる可能性がある
出典;口臭科学研究所

と言われています。

なので臭いがきつい代表的な食べ物「ニンニク」を食べたら、牛乳を飲むのがおすすめ。

しかし牛乳がなければ、水をたくさん飲んで口内の唾液分泌量を増やすだけで、口臭対策になるようです。

クエン酸が豊富に含まれているレモンも、

口臭の原因となる食べカスの腐敗を防いだり、細菌の増殖を抑えたりする働きがあります。
出典;マイナビウーマン

これは梅干しも同じで、酸っぱいものを食べると唾液量が増え、口内の細菌を洗い流してくれますよ。

口臭対策⑤臭いがキツイ食べ物や飲み物を避ける

もちろん、臭いがキツイ食べ物やアルコールの摂取を控えることも口臭対策の1つの方法。

  • ニンニク
  • ニラ
  • 玉ねぎ
  • 納豆
  • キムチ
  • コーヒー
  • アルコール
  • チーズ

などは口臭発生の原因となるので、なるべく控えるようにしましょう。

「皮を剥く前のにんにく(3つ)皮を剥く前のにんにく(3つ)」のフリー写真素材を拡大

反対に便秘が原因で口臭が発生している人は、和食を積極的に取るようにしてみて下さい。

まとめ

今回調べてみて、口臭にも様々な原因があり、対策法も沢山あることが分かりました。

最近は「スメルハラスメント」という言葉があるほど、もはや口臭対策などはマナーの一つです。

大人なら最低限、気を遣っていきたいところですね。


1 2