子供の頃に盲腸で死にかけた。手術後、麻酔から目覚めると修羅場が…


盲腸というのは知ってますよね。今では虫垂炎で広く知られています。

何か用事があったりして痛みを我慢する人もいますが、取り返しのつかなくなることになりますよ。



スポンサーリンク

盲腸で死ぬ!?

ある男性の過去のお話しで興味深いものがありました。

なんと彼は盲腸で死にかけたと言うのです!
『盲腸=死』がつながらない人もいるかもしれませんが、実際に起きているのです。

その男性は、小学校の頃、図書館である知識を得ました。それは盲腸の存在。

盲腸というのは大腸の一部です。よく右腹部の腹痛で問題になるのは、虫垂炎と呼ばれるものですね。

現在では盲腸では無く、「虫垂炎」で一般的にも広く知られています。

その時の知識で、小学生の頃にお臍の右下が痛み出すと、虫垂炎であることを知っていた男性。


1 2 3 4

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
hayashimedhia@gmail.com

子供の頃に盲腸で死にかけた。手術後、麻酔から目覚めると修羅場が…


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!

footer-image