幼い子供のカップルが中国で結婚!子供のカップルと思いきや…

中国で小学生ぐらいに見える子ども同士のカップル結婚したと話題になっています!!

それにはある秘密があったからです。



スポンサーリンク

10歳ぐらいに見える子ども同士の結婚

仲のいい兄弟?学校のお友達?実は、この2人夫婦なのです!

日本が、男性18歳・女性16歳から結婚なだけで、海外ではもっと若い年齢から結婚できるんでしょ!?と思った方もいると思います。

確かに親の同意があれば、10代前半で結婚できる国もあります。

しかし、中国では、男性22歳・女性20歳と日本よりも結婚できる年齢が上です。

この2人、小学生ぐらいに見えますが、なんと2人とも28歳で立派な大人同士

小人症だった

その理由は、小人症(こびとしょう)という病気だったからです。

小人症というのは、成長ホルモンの分泌不全が原因で起こる病気で、低身長が主な疾患です。さらに、重大な疾患を合併している場合もあり、治療が必要な低身長として扱われています。

最近では、遺伝子以上の遺伝性が原因とする考えもあります。まだまだ謎が多い病気だと言われていて、一般的な認知度も高くありません。


スポンサーリンク

小人症同士の夫婦は他にもいた

イギリスサンダーランドに暮らすローラ・ホワイトフィールドさんとネイサン・フィリップスさんは、イギリスで初となる小人症夫婦として知られています。

プロの小人俳優としてイギリスで活躍している身長約127cmのローラさんと、身長約95cmのネイサンさんは、2012年に「スノーホワイト(白雪姫)」の舞台で知り合いました。

やがて新しい命にも恵まれ大喜びしていたのも束の間、2人は医師から中絶を薦められてしまいました。

医師は、生まれてくる子供も小人症の確率が高く、生存率さえ低いかもしれないと伝えたのです。それでも2人にとってはかけがえなのない子供の命なので、ローラさんは中絶することを拒否し、ネイサンジュニアくんを出産しました。

ネイサンジュニアくんは、今年で3歳になり、順調に成長しています。

身長以外は変わらない

重大な疾患を併発していない限りは、身長が低いというところ以外は、他の人と何も変わりがありません。

小人症だからといって寿命が短いなどもなく、むしろ小人症の家系では、糖尿病とガンの発生率が低いといわれています。見た目が子どもだというだけで、世間からは好奇の目に晒されることになります。

よく人を見た目で判断してはいけないと言いますが、まさしくこのことですね。

小人症のことを理解している人は少ないと思いますが、この記事をきっかけに少しでも小人症のことを理解してくれる人が増えることを願うばかりです。


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 中国人の女囚の処刑がヤバすぎる。ガチで怖いと話題に(閲覧注意)

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
info@vipper-trendy.net

幼い子供のカップルが中国で結婚!子供のカップルと思いきや…


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!