『私たちは買われた展』増え続ける少女売春の闇。悪いのはダレ?

滋賀県で今月1月6日から始まった『私たちは買われた展』で、売春をした女性が自らの体験や思いを伝えるメッセージ展が始まりました。

一体どんなものなのでしょうか?



スポンサーリンク

売春代金がコンビニのご飯!?

虐待や貧困から「JKビジネス」や「売春」に足を踏み入れた女子中高生が、自分の体験を伝える『私たちは買われた展』

こんな少女がいました。
彼女は15歳の時、真冬の夜に家出し、自動販売機に体をくっつけ暖を取っていました。

そして「どうしたの?」と声をかけてきた男の家に連れていかれたのです。売春行為ですね…

少女は、

「誰かに必要とされたかった」

そう語ってます。

彼女は、家では性的虐待、DV、金銭の要求などを受けていたのです。全てがストレスで家にいたくなかったそうで、ただ独りが怖くて家が怖くて全てから逃げたかったのです。

そして驚くことに、この少女がこの売春の代金としてもらったものは、コンビニのご飯だけです。

これはさすがに安すぎやしませんかね?こんなことあるんですか…

お金が欲しくて売春したわけではなく寂しくて誰かの温もり欲しくて、自分に負けて男性について行ってしまった。その結果が、これなのでしょうか。

このような少女の多くに共通するのが虐待や貧困、いじめなどによる孤立なのです。

お金がない、家族からの虐待で家にいたくない、いじめられて居場所がない…そんな状況から逃げたい、誰かに求めてもらいたい。

彼女たちの願いは、それだけなのかもしれないですね。

女性らを支援する「Colabo」 代表・仁藤夢乃さんは、このように話しています。

「そこに至るまでの経緯があったんだとか、そこに至るまでに子どもを支えるはずの機関、家庭、学校、児童福祉、警察、行政とかの機関で不適切な対応をされた結果、そうせざるを得なかったんだとか、ひとりひとりの大人の責任を考えてほしい」

売春行為にはしらせるような周りの環境も悪いのかもしれません。しかし、少女自身もそこまで行く前に、相談したり、他の行動は取れないものなのでしょうか。

「最後は自分で自分を売った自己責任」
そう言われても仕方ありません。親や周りの環境だけでなく、少女たちもこの問題に向かっていかなければいけないのかもしれません。


スポンサーリンク

ネットの反応

・被害者意識が強いな。甘やかし過ぎ。

・売る方の罪も重くすべきだよな。

・自ら進んで売ったんだろ?

・『私たちは買われた』ってか『私たちは売っていた』でしょうが。売るから買うの。

と少女たちに対して厳しい意見が多いようです。

しかし中には、

・親が悪いんじゃん。

・「買われた」というより「買われなきゃ死んでた」の方が適切な気がする。

このような意見も。

人によって見方は違いますが、誰が悪いというか全体でどうにかしないと解決しなさそうですね。

中高生の売春の実態

援助交際という言葉がうまれた1990年代は、値段の相場が今では考えられないくらい高騰していました。

ロリコンの中年男性と、カラオケや食事に行くだけで数万円を稼いでた女の子も少なくなかったのです。

とんでもないですね…。そんだけで万単位いくって、働くの馬鹿らしくなりそう。

その頃に比べると、今は普通のOLや主婦も参入し、人数が増えていることで暴落しています。

現代の相場は10代〜20代の女性で、生での本番でも2万程度になっているようです。ただ、交渉が上手い、慣れている子はもっと高値でやったりしているようですが…

最近では、女子高生(JK)と散歩ができるという触れ込みで、実際はカラオケやレストランなどでデートする「JKお散歩」。

制服を着た女子高生が個室でマッサージ(リフレクソロジー)を行う「JKリフレ」。折り紙を折らせて下着をのぞく「JK折り紙」などなど。

ネーミングにお気軽感が漂いますが、すべて未成年による売春の温床になっているのです。

接客やマッサージといっても、結局は客の性的好奇心に応じるものがほとんどなのです。そのため、たくさんの子どもたちが強姦や買春被害に遭っていると言います。

また主婦の売春も増えています。お金が絡んでいるとは言え、『人の女を寝とる』というのは、背徳感やスリルを堪能でき、需要があるようですね。

その日の食費や子供の塾代が足りなく、出会い系サイトの割り切りでお金を稼ぐ『コロッケ売春』も一般的になりました。

減るどころか、どんどん増えている売春行為。
若い女性が売春してしまうのは、自尊心が低いことが原因の1つにあるようです。頑張っても認められない。私なんて…。そう思っている女性にとって売春は、若いというだけでチヤホヤされるもの。

そのため、自分が評価されていると錯覚してしまい、抜け出せなくなるようです。やめようと決めても、また誰にも評価されない生活が続き、売春にもどってしまう人も少なくありません。

1度始めてしまうと、ドツボにはまってしまうのです。

こういうことはやらないのが、1番!上手い誘い文句で勧誘してくる人もいますが、自分の意志をしっかり持って撃退しましょう。

やったことに対して後悔している女性が多いのが現実です。自分を大事にしてあげてください。


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 経験人数3桁のビッチ小学生の現在。中3になった今の姿が衝撃だった。

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
info@vipper-trendy.net

『私たちは買われた展』増え続ける少女売春の闇。悪いのはダレ?


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!