千代の富士・九重親方が死去・・・激やせ4日目急変で死去直前の様子がヤバすぎる…


大相撲の元横綱「千代の富士」の九重貢親方が

7月31日、死去したことがわかった。61歳だった。

すい臓がんで闘病していたが、

激やせ4日目急変で死去直前の様子がヤバすぎる…


スポンサーリンク

大相撲で史上3位の優勝31回を誇り、

昭和から平成にかけて一時代を築いた元横綱千代の富士の

九重親方(本名・秋元貢=あきもと・みつぐ)が

31日午後5時11分、

膵臓がんのため東京都文京区の東京大学附属病院で死去した。61歳だった。

 

「小さな大横綱」が、病魔に屈した。

大相撲の枠を超えた国民的ヒーローの死。

昭和の灯が、またひとつ消えた。

 

複数の部屋関係者によれば、

同親方は7月の名古屋場所前から同地へ入り、


1 2 3

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
hayashimedhia@gmail.com

千代の富士・九重親方が死去・・・激やせ4日目急変で死去直前の様子がヤバすぎる…


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!

footer-image