女子高生コンクリート詰め殺人事件の全て。犯人達の現在が畜生すぎ…

女子高生コンクリート詰め殺人事件という、41日間も監禁し、性的暴行を繰り返していた残酷な事件がありました。

この残酷すぎる事件の加害者と家族の現在が話題となっています。



スポンサーリンク

女子高生コンクリート詰め事件の概要

事件が起きたのは、1988年。

この事件は日本中に壮絶な恐怖を与え、マスコミで全国に一瞬で知れ渡りました。

監禁、性的暴行、殺人など、いくつもの重罪が折り重なるこの事件は日本の犯罪史に大きな爪痕を残したのでした。

今からたった28年前の事件。

女子高生を連れ去り、自宅で監禁。

監禁した日数はなんと41日間です。

女子高生に対して監禁中にしたことは、性行為の強制はもちろん、なんともえげつないことだらけでした。

そして、犯人は全員が未成年。

これにも日本中が驚愕しました。

犯行内容は以下のとおりです。

1988年11月8日、A、B、Cの3人が午後8時過ぎ、埼玉県三郷(みさと)市内をバイクで走行中、アルバイト先から自転車に乗って帰宅する途中だった県立八潮(やしお)南高校3年生の古田順子(17歳)を見かけた。



AはCに対し、「あの女、蹴れ。あとはうまくやるから」と命じ、Cは言われた通りに、バイクで順子に近づき、左足で右腰を思いっきり蹴って、角を曲がって様子をみていた。

順子はバランスを失い、自転車に乗ったまま転倒、側溝に落ちた。

そこへ、Aが近づき「大丈夫ですか」と声をかけ、助け起こすと「あいつは気違いだ。俺も脅された。危ないから送っていってやるよ」と言って、近くにある倉庫の暗がりでと脅し、ホテルに連れ込んで強姦した。

午後10時ころ、Aは自宅に戻っていたCに電話をかけると、そこにはBの他にDがいたが、Aはこの3人を外に呼び出した。

その後、4人の少年たちは東京都足立区綾瀬のCの自宅の2階のたまり場に順子を連れ込んだ。

この日、Cの父親は3日間の社員旅行で沖縄に出掛けたため、自宅には母親とCのひとつ上の兄がいた。

11月28日、Aが「いいモノを見せてやる」と言って呼び出されたE(当時17歳)とF(当時16歳)が加わって、家人が寝静まった深夜に順子を輪姦した。

順子は必死の思いで抵抗した。

階下の母親は目を覚ましたようであったが、寝具などで顔面を押さえつけられたため、叫び声を上げることはできなかった。

その後、昼夜の別なく、順子の体を弄び、そのあまりの暴行に、順子が気を失うと、バケツの水に頭を漬けて気を取り戻させて、また犯すということを繰り返していた。
その間、交代で見張りを続けた。

12月初めの午後4時ころ、、順子は少年たちが夜遊びで昼寝をしていた隙を見て、2階から1階の居間に降りてきて110番に電話した。

だが、運悪く、近くで寝ていたAに気づかれてしまった。

すぐに逆探知で警察からかかってきた電話に、Aが出て「なんでもない。間違いです」と返事した。

AとBは、このことをきっかけとして、順子に対し、手荒いリンチを加えた。

殴ったり、蹴ったり、手足の甲にライターの火を押し付けたりして火傷を負わせた。

また、シンナーを吸わせたり、ウィスキーや焼酎を飲ませて楽しんでいた。

その後も監禁と暴行の日々は続いた。

1989年1月4日、「ギャンブルに負けた」という理由で、自力では立てなくなりほとんど動けなくなった被害者を2時間にわたって殴る蹴る、足をライターオイルで焼く、鉄の棒で殴るなどのリンチを加え放置しその結果、順子は死亡した。

翌日、被害者の死亡に気づき死体の処理に困った加害者たちは、遺体を毛布で包み旅行バックの中に入れドラム缶に入れてコンクリート詰めにして、東京都江東区若洲の埋め立て地(現在の若洲海浜公園敷地内)に遺棄した。

同年3月29日、別の事件で逮捕された際の取調中の加害者の供述により、被害者の遺体が発見されたことから事件が発覚した。


スポンサーリンク

犯人と家族の現在

これほどの犯罪を犯したにもかかわらず、この元少年共は現在社会に出てのうのうと暮らしています。

少年法というおかしな縛りの元に実名も顔写真も当時は隠されていました。

しかし、週刊文春などは当時でも少年たちを実名で報道していました。

「鬼畜共に人権は必要無い」という編集部の判断に因るためです。

現在、ネットでも彼らの履歴がかなり公開されています。

宮野 裕史(A)(1970.04.30)

主犯格。
懲役20年の刑。すでに刑務所から出所

2013年に振り込め詐欺容疑で逮捕されていました。(その後不起訴処分)

・父親(当時47歳)…証券マンを経て証券外務員に。
・母親(当時47歳)…私大音楽学部卒業後、ピアノ教室の講師に。
・妹…事件当時11歳
事件後、両親ともに辞職。

小倉 譲(B)(1971.05.11)

出所後は神作譲に改名。
すでに刑務所から出所。
出所後に同じような犯罪を犯し、逮捕されている。

・父親(当時42歳)…運送会社の配達員。長身。
愛人との間に2人の子供がいるが、母親との籍はなぜかそのまま。
・母親(当時43歳)…都内デパート勤務を経て、結婚後は得意だった洋裁で内職。
父親が女に走り別居。その後水商売にて一家の大黒柱に。
・姉(当時20歳)…私立高校卒業後、都内会社員。

湊 伸治(C) (1972.12.16)

犯行現場の部屋の提供者。
すでに刑務所から出所。

出所後はムエタイ選手としてデビューし、綾瀬のタイ料理屋で試合していた。
当然の事ながら味方は少なく、入場するたびに彼を快く思わない観客からブーイングを浴びせられていた。
選手としてはそこそこの実力だったが、大した戦績も上げられないまま引退した。
ちなみに観客に「コンクリ」というあだ名で呼ばれていた

・父親靖人(当時48歳)…東京湾近く、
隅田川沿いに近い町工場が密集した一角にある診療所にて事務。
仕事と酒で子育てはすべて母親任せ。

渡邊 泰史(D)(1971.12.18)

現在引きこもり症候群。

四人の少年達の中では一番痩せていて、声が小さく、右後頭部、中学教師の体罰を受け出来た10円玉程の白髪が、公判時にはこぶし大にまで広がっていた。
定時制の工業高校へ進むが1週間で行かなくなる。
ファミコンが好き。

・父親:幼少時に離婚。その後まもなく交通事故で死亡。
・母親(当時44歳):元美容師。離婚後、生活保護を受けながら時計部品の工場でパート勤務。
・姉(当時18歳):母親との面会拒否の為、姉が面会・差し入れを続けていた。

結局、事件を心から反省し更生した人間は1人もいません!
少年法とは一体誰のためなのでしょうか・・・

ネットでの反応

この事件に対し、当時のマスコミや大衆はもちろん、現代のネットでも大きく衝撃が広まっていました。

・悲しかった。

・日本でもこんな事件が起こるんだな。

・涙が止まりません。

この事件はこれからも語り継がれていくでしょう。

私たちはこの事件のことを決して忘れてはいけません。

そして、自分自身の身を守れるように日々気をつけて生きていかないと、第2第3の被害者が出てしまいます。

1番悪いのは、もちろんこんな事件を起こした加害者たちですが…。

また、事件にならずとも最近のいじめは常軌を逸したものが多いです。
⇒ 女子高生のいじめがヤバすぎる…胸糞悪い画像だらけで吐き気が…

これらのいじめも事件に発展することも多いと思います。

今後このような悲しい事件が起きるないように、また形だけの更新ではなく再犯をなくすような更正プログラムを導入してほしいと思います。


スポンサーリンク

女子高生コンクリート詰め殺人事件の全て。犯人達の現在が畜生すぎ…


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!