早見優が過去に舘ひろしと起こした痙攣事件が衝撃的すぎるww

先日松本伊代さんと一緒に路線無許可立ち入りで書類送検された早見優さん。

実は舘ひろしさんと昔とんでもない痙攣事件を起こしていました!



スポンサーリンク

線路内立ち入りで話題の早見優

2017年2月10日、タレントの松本伊代と早見優が
京都市内のJR山陰線の線路内に無許可で立ち入ったとして、
鉄道営業法違反の疑いで京都府警右京署に書類送検されました。

同署によると2人とも容疑を認め、
「写真を撮ろうと思って入った。軽率でした」と供述しています。

舘ひろしと起こした騒動とは

遡ること約25年ほど前、早見さんと舘さんは交際していたそうです。
若い人は知らない方も多いかもしれません。

そんな交際していたお二人は
「痙攣事件」というとんでもない騒動を巻き起こしてました。

ですが、発覚した経緯が普通ではなかったため都市伝説とされています。
その経緯は舘ひろしさんと早見優さんが六本木の元防衛庁近くのラブホテルから
救急車で運ばれるという騒動がありました。

救急車に運ばれるとき、上半身衣服を身に着けサングラスをかけた男性の上に、
上半身衣服を身に着けた早見さんが重なったままストレッチャーに載せられ、下半身は毛布でくるまれていたそうですが・・・

なんと救急車に乗る直前、毛布が風で煽られて下半身が露わになってしまい、
その場にいたホテル利用客が多数目撃していたとの噂がありました。


スポンサーリンク

二人は結合されたまま運ばれた

ラブホから二人が出てきたという時点で
二人が「夜の営み」を行っていたことは想像出来るでしょう。
しかし、なぜ救急車に運ばれたのか。理由は早見優さんの「膣痙攣」です。

膣痙攣(ちつけいれん)とは

女性の膣に起こる突発的な痙攣により、
膣口が不随意に引き締まる状態の事を言います。

性交の際に、膣に陰茎を挿入しようとすると、
不随意反射的に膣口の括約筋を強く締めてしまうため、
挿入が困難か、あるいは挿入に強い痛みを伴う症状です。

また、まれに挿入中に陰茎が抜去不能となる事があるとされます。

つまり舘ひろしさんの「勃ち」さんが
早見優さんから抜けなくなってしまい、
救急車を呼ぶハメになってしまったのです…

医学的にも膣痙攣というのはかなり稀なケースとも言われているそうです。

早見優のプロフィール

生年月日:1966年9月2日
出生地:静岡県 熱海市
職業:日本の歌手、女優、タレント
配偶者:福田富雄

ネットの反応

「いやらしいwww」

「早見膣と舘痙攣のひろし事件」

「この話ってほんとなのか?」

「抜いちゃィャ☆」


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 創価学会に入信している芸能人。今、人気のあの人まで!?