真っ白いカラス、発見!突然変異のアルビノは野生で生きていける?

白いカラス発見

『アルビノ』突然変異でメラニンが欠乏しているために白色で生まれてくるのですが…。

そのアルビノである白いカラスが京都で発見されました!



スポンサーリンク

白いカラスが見つかった!

白いカラスが発見されたのは、昨日の5月18日。

京都の水田で、羽をばたつかせているところを、たまたま通りがかった住人が見つけたのです。

その連絡を受けて、町の職員が保護。

最初は鳴き声も上げていませんでしたが、水を与えた所「カァー」と鳴くようになったそうです。

怪我もなさそうで、羽をばたつかせるけれど、飛び上がることはなかったと言います。

そんな白いカラスがこちら!

白いカラス

大きさは37センチぐらいということですが、見事に真っ白!!

アルビノは目が赤かったり、透き通った水色だったりするそうですが、このカラスの目は・・・

写真じゃちょっとわからないです。笑

普通の黒いカラスよりキレイですよね〜!

カラスは救護対象ではないので、今日にでも山に放すことになっていると言います。

しかし、これだけ目立ってしまうと自然の中で生活していけるのでしょうか?


スポンサーリンク

自然界での生存率は低いそう…

今回のように自然動物でも、まれにアルビノで生まれてくることがあります。

ですが、自然界で生きていくのは難しいことのようです。

どうしても黒いカラスの集団に白いカラスがいたら目立ちますからね。

そのため、白いというだけで他のカラスに集団で攻撃されたり、巣から落とされることさえあると言います。

カラスは集団で行動していくために、そこに馴染めないと生存の確率がぐっと低くなるようです…。

ショック

また、アルビノは突然変異で色素が無い、もしくは少ないために、太陽光から身を守るための色素も無いため、普通のカラスより、だいぶ生きにくくなってしまうのです。

体長が37センチぐらいということは、きっとまだ子供ですよね。

自然界に返されるようですが、強く生きていってくれたらいいなぁと思います。

それにしても・・・白いカラス可愛いです!

いつも群れている黒いカラスは、怖いってイメージが強いですが、色が違うだけでこうも印象が違うものなんですね。

もしかしたら今後は、白いカラスを繁殖させる方法などできるかもしれないです。

白いカラス

空を大量の白いカラスが飛んでいたら、キレイそうだなぁと思いますけど、そんな技術が開発される時代がくるのでしょうか!?

関連記事

⇒ ナスDこと友寄隆英D、真っ黒すぎて疑われる。乗船許可の条件とは?

↓↓↓よかったら、いいね!お願いします。

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
info@vipper-trendy.net

白いカラス発見

真っ白いカラス、発見!突然変異のアルビノは野生で生きていける?


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!