タンカー衝突事故の「第八けいひん丸」と「イースタンフェニックス」について徹底解説!


8月7日の午前9時、神奈川県川崎市の京浜港でタンカー同士の衝突事故があった。

衝突してしまった「第八けいひん丸」と「イースタンフェニックス」とは、どのようなタンカーなのだろうか。

2つのタンカーを徹底解説する。



スポンサーリンク

第八けいひん丸はどんなタンカー?

京浜港のタンカーであった第八けいひん丸は144トンのタンカー。

1トンは1000kgなので、キロに直すと14万kgという重さだ。

写真はこちらである。

スクリーンショット 2016-08-07 18.21.57

greg

このように平たい構造になっている。

このタンカーには、軽油が積まれており、今回の事故で海に流れ出してしまうことになった。

さらにこの平たい構造のせいか、第八けいひん丸は衝突後に沈没寸前までの状態になってしまった。


1 2 3

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
hayashimedhia@gmail.com

タンカー衝突事故の「第八けいひん丸」と「イースタンフェニックス」について徹底解説!


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!

footer-image