タンカー衝突事故の「第八けいひん丸」と「イースタンフェニックス」について徹底解説!

国内ニュース


沈没寸前の時の画像はこちらである。

スクリーンショット 2016-08-07 18.20.22

前方の部分には水が流れ込んでしまっている

この状態で浸水したまま一時的に漂流し、完全に沈没してしまう前に救助船に助けられた。

この第八けいひん丸には日本人の乗組員3人が乗っており、3人とも救出され、怪我の心配はなさそうである。

イースタンフェニックスってどんなタンカー?

イースタンフェニックス号は3380トン。

kgに直すと、338万kgである。

先ほどの第八けいひん丸が14万kgだったため、24倍ほどの大きさの差がある。

イースタンフェニックス号は写真で見てもその大きさが分かる。

イースタンフェニックス号の写真はこちらである。

スクリーンショット 2016-08-07 18.20.57

先ほどの第八けいひん丸よりも長さも長く、海水から上に出ている部分も多い。


1 2 3