『大好き!五つ子』の子どもたちの現在!実は山田孝之も出演していた!

あの人は今


TBS『愛の劇場』で放送されていた昼ドラ『大好き!五つ子』は、夏休みに放送されて子どもたちに大人気となり、11シリーズまで10年にわたって続きました。このドラマで五つ子を演じていた子どもたちの現在の姿が話題です。

『大好き!五つ子』のメンバーが同窓会!

放送終了から約7年経った2016年12月、『大好き!五つ子』のメンバーが久しぶりに集合して話題に。

母親役の森尾由美がブログを更新し、同窓会の集合写真と、五つ子たちと会えた嬉しさを語りました。

『大好き!五つ子』って?

『大好き!五つ子』とは、1999年から2009年にかけて、毎年夏にTBSで放送されていた昼ドラです。

五つ子として生まれた5人と、その両親を中心にストーリーが展開し、夏休み中の子どもたちが見られるドラマとして支持を集めました。

主人公である五つ子は、拓也、美穂、慎吾、紀香、剛の5人。父親の良介は中学校の先生で、母親の桃子はスーパーでパートをしながら家事と子育ても完璧にこなしていました。

五つ子は、1~6シーズンまで同じ子役が演じ、7シーズンから別の俳優に変更になっています。

『大好き!五つ子』といえば、やはり1~6シーズンの初代メンバーたちのイメージが強いという人も多いのではないでしょうか。

今回集まったのも初代メンバーで、美穂役の新穂えりか、紀香役の新井千歩、剛役の金澤翔太、そして母親役の森尾由美、父親役の新井康弘。

父親役の新井康弘の舞台がきっかけで集まることになったそうですよ。

拓也役と慎吾役の二人は都合がつかず来られなかったということです。

森尾由美の誕生日にも『大好き!五つ子』メンバーが集まる

2016年に久々の再会を果たした『大好き!五つ子』のメンバーたちは、2017年6月にも再び顔を揃え、母親役の森尾由美の誕生日をお祝いしたそうです。

この時集まったのは、美穂役の新穂えりかと剛役の金澤翔太、そして前回の同窓会では来られなかった慎吾役の中野勇士です。

森尾由美の誕生日だけでなく、父の日のお祝いも兼ねており、子どもたちが「いつもありがとう」のプレートがついたケーキを用意して、森尾由美と父親役の新井康弘に感謝の気持ちを伝えたそうですよ。

『大好き!五つ子』初代メンバーの現在


1 2 3