大阪の滝畑ダム転落事故で5人死亡…現場がヤバイ…【訃報】

29日午後2時35分ごろ、大阪府河内長野市滝畑の滝畑ダムで、
車がダムに落ちた」と付近の住民から119番があった。

現場は大阪では有名な心霊スポットだったらしい。。。


スポンサーリンク

市消防本部や大阪府警によると、
20~60代の男性6人が乗ったワンボックス車が、
ダム西側の府道を走行中に道路脇のフェンス(高さ約1メートル)を突き破り、
約10メートル下のダム湖に転落。

病院に搬送されたが、
50代~60代の5人が心肺停止の状態で病院に運ばれたが、
まもなく死亡が確認された。

また20代の1人が意識不明の重体。
89d68c0ef21d6e534cec4f6d9c00081c

府警によると、ワンボックス車に乗っていた6人は大阪市内の建設会社の社員。

この日朝から現場の南に数キロ離れたキャンプ場で社員や家族ら約20人でバーベキューをし、
車で帰る途中だったという。

府警は6人の身元確認を急ぐとともに、

ハンドル操作を誤った可能性があるとみて、詳しい事故原因を調べている。

d0304aa935ebdc23d8c38e5a6807d88b

現場は、南海電鉄高野線の河内長野駅から南に約8キロの滝畑ダムにかかる「夕月橋」の近く。

転落したワンボックス車からは5人が水中に投げ出されたほか、

1人が車内に一時閉じ込められた。

7d31cb4b429f63ca0ba775a10144dd22

fa82080ee33b3b23686c4486134d3b04

滝畑ダムは昭和57年に完成。

ダム上流のキャンプ場周辺ではバーベキューや渓流釣りなどの施設があり、観光客も多い。
大阪府のホームページなどによると、

滝畑ダムは面積52・3ヘクタール、総貯水容量は934万トン。

大阪管区気象台によると、事故当時の滝畑ダム周辺の天気は曇り。

雨は降っておらず霧も出ていなかったとみられる。

10

CjnEm45VEAAZPa7

「ワンボックスカーはガードレールを大きくなぎ倒して、

およそ10メートル下のダムに落ちたということです」
(記者)
「センターラインをオーバーして、歩道に乗り上げて、

道の横のフェンスをガタガタガタと押しつぶしながら落ちました」(目撃者)

警察はワゴン車が運転を誤ってダムに転落したとみて詳しい状況を調べています。

5c279bb1f55707f8779bb00836cc4179

滝畑ダム(たきはたダム)は大阪府河内長野市滝畑、
一級河川・大和川水系石川の上流部に建設されたダムである。

大阪府滝畑ダム管理事務所が管理する。

12

大阪では有名な心霊スポットらしいです。
ダムの近くに「梨の木隊道」てな短いトンネルがあり、
どちら側からもウネウネ曲がった坂道を登っていくと
いきなりそのトンネルが現れます。
昼間でも不気味な場所です。
バーベキュー帰りで歩道乗り上げ、金網突き破り転落。
飲酒運転だったという噂です。
アルコールは大脳機能を麻痺させます。そ
れによって理性が失われて気持ちが大きくなりがちで、
なんとなく「大丈夫だろう」という意識になったり
「明日も車が必要だから」などと自分に都合のよい理屈をつけて、
ハンドルを握ってしまいがちです。

そして、車の運転には的確な判断と機敏な動作が求められますが、
お酒を飲むと注意力や判断力が低下します。
アルコールの作用で危険に対して反応が鈍くなったり、
操作ミスをおかしやすくなり、事故につながります。

アルコールの量がどんなに少なくても、

脳には確実に影響が及んでいます。

一滴であっても飲酒は飲酒。

お酒を飲んだら運転してはいけません

スポンサーリンク