深夜の帰り道の恐怖体験。話しかけてきた知らないおばさんが…。

深夜帰り道

あなたは深夜に人気のない道を帰宅していませんか?

「私は大丈夫!」

そんな風に思っている人は危険以外の何物でもありません。夜道は思ってる以上に危ないのです。



スポンサーリンク

夜道での恐怖体験

ある女性が体験した出来事です。

彼女が住んでいる町は、繁華街に近い街でした。しかし、少し道を外れると人気は一気になくなると言います。

その道には街灯が少しあるだけでお店はなど全くなく、深夜帯はさらに静けさが増すのです。

彼女は飲食店でバイトをしていたため、帰りは遅くなってしまうことが日常茶飯事だったのです。

毎回、帰宅のときは

「怖いな…」

と思いながら帰路についていたそうです。

そして、ある日恐れていたことが起きてしまったのです…。
暗い道

知らないおばさんが…

いつも通り、歩いて帰宅していると突然、

「あーーーちょっとちょっと!」

そう女性に声をかけられ、人が走る足音も聞こえてきたのです。

彼女がびっくりしながらも少し振り向いてみると、そこには見た事もないおばさんが急いで走ってきていました。

そしてそのおばさんは、

久しぶりねー、元気してたの!

ちょっと見ない間にまた大きくなっちゃったわね!

今日はお父さんお母さんいるの?急いで帰りましょうね!

などと話しかけてきたのです。

彼女はそのおばさんを見たことがなかったですし、一人暮らしだったので全く話がかみ合いません。

話をしようにも、おばさんはお構いなしに話しかけてきて、

「いいから行くわよ行くわよ!」

と腕を強引に引っ張って家と違う方面の大通り側へと歩き出したのです。

この時、一気に恐怖を感じたそうです。

知らないおばさんがテンション高く話しかけてきて、腕を掴みどこかへ連れて行こうとしているのですから当たり前ですよね…。


スポンサーリンク

予想外の結末

結局そのまま大通りまで連れて行かれ、その頃には彼女はもう涙目になっていたそうです。

大通りに着くとおばさんは腕を引っ張りながら

「この辺なら大丈夫かな」

などと言い出したのです。

彼女は取り乱していて、思わず「なんなんですか!」と怒鳴ってしまったそうです。

そして、おばさんの口から出た言葉は思ってもいないものだったのです。

あなた、落ち着いて聞いてちょうだいね。

さっきね、ずっと変な男の人が、あなたの後ろをぴったりとつけて歩いていたの、だから声をかけたのよ。

手にはね、見た事もないロープとか持ってたの。

コートを着て帽子も深く被ってたわよ?私はね、なんとなく危ないと思ったのよ!だからね、声をかけてこっちに連れてきたのよ。

何か心あたりはないかしら?

そう言ってきたのです。

彼女は、あまりにも予想外の展開にきょとんとしてしまいましたが、考えていくと恐怖を感じたと言います。

もちろん心当たりはないですし、自分が歩いていた人気のない道をそんな怪しい男が、後ろをぴったりと歩いてきていたなんて…。

寒気がするような話しですね。

そしておばさんは、

もしできたらここからはタクシーで帰ったほうがいいんじゃないかしら?

最近物騒な世の中になったものだから、気をつけてね。

そう彼女の身を心配してくれたのです。

彼女は、怖かった気持ちと感謝の入りじまった感情でいっぱいになり、泣きじゃくってしまいました。

そのおばさんに何度も心から

「ありがとうございました」

とお礼を伝え、その後タクシーで帰路についたそうです。

その後ろを歩いてた男性が、本当に彼女を狙っていたのかはわかりません。

しかし、男が危険だと思ったにも関わらず、自分を心配して声をかけてくれた女性には、感謝しきれなかったことでしょう。

心優しい方もいるのですね!

彼女のように恐怖を感じながらも、同じ道で帰宅している人は多いと思います。

できたら道を変えるなどしたほうがいいですし、できないのなら今まで以上に警戒する必要があるでしょう。

日本の被害

今回のようなケースは実際に日本でも起きていることです。

そして被害者の9割は女性だと言います。

おもなケースは、強姦・強制わいせつ・痴漢で、狙われやすい年齢層は10〜20代です。8割がこの年代のようです。

発生する時間帯は、19時以降が圧倒的に多く、発生件数が急激に増えるのです。

そして、主に発生場所として挙げられるのが、通勤・通学経路。場所別発生状況が最も多いところしてあげられるのは道路上なのです。
通学路

さらに犯人の多くは犯行場所に土地勘があることが多いと言います。

当たり前のように感じますが、改めて認識すると恐怖を感じます…。

被害に合う多くの人は、ながら歩きをしていると言います。

音楽を聞いていたり、ケータイをいじっていたり…。
ながら歩き

周りの音が聞こえないので音楽を聞くことも危険です。

しかし、ケータイのながら歩きはさらに危険!画面の光から場所も分かりやすくしているケースが多く、夜中には良い目印になってしまいます。

どうしても防ぐ事のできない場合もあるとは思いますが、大概のケースは、自分の行い次第で防げるものです。

一番危険なのは、「自分は大丈夫!」という全く根拠のない自信をもっていること。犯人たちは、そのような心の隙を見抜いてきますよ!

用心はしすぎて悪いということはありません。

自分を守れるのは自分だけ!
危機管理はしっかりしたいですね。


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 自動車教習中にラブホ前でウィンカーを出したら…とんでもないことに!?

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
info@vipper-trendy.net

深夜帰り道

深夜の帰り道の恐怖体験。話しかけてきた知らないおばさんが…。


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!