妻を殺した最低男。ダンカンはがん治療費を払わなかった?

お笑いタレントのダンカンさん。奥さんは乳がんで亡くなってしまったのですが、その時の行動が酷いと話題になっています。

マジで鬼畜ですよ…
あの涙はなんだったんだ!?



スポンサーリンク

発覚したのは異様な納骨式で…

タレント・ダンカンの奥さん、飯塚初美さん。



2014年6月22日、癌のため47歳という若さでこの世を去ってしまいました。

長くダンカンさんを支えていた奥さん。

お葬式では、号泣しているダンカンさんが報道され、愛妻家としてのイメージも強く、世間も涙したのではないでしょうか?



しかし・・・
その全てが嘘だったという疑惑が!

奥さんの実家との間で、癌の治療に対する確執があったことがわかったのです。

その発端は、葬儀から一ヶ月後の納骨式の光景が異様だったから…。

親族の出席人数が、ダンカンさん側は20人ほどだったのに、初美さん側は2人のみだったのです。

・・・こんなにアンバランスになることあります!?

2人しかいないわけでもないのに、明らかにおかしいですよね。

そこには、信じられない事実が隠されていたのでした…。

親族の怒り

初美さんの親族の中には、ダンカンさんに対し

「初美はダンカンに殺された。あいつを絶対に許さな」

なんていう人までいるのです。

初美さんの体を病魔が襲ったのは、2009年のことでした。

右胸に乳がんが見つかったのです。
切除手術を行ったが、残念なことに他部位に転移が見られました。

壮絶な闘病の日々。
そんな中、初美さんを支えてきたのがダンカンさんだと誰もが思っていたでしょう。

しかし、実際のところは・・・

始めて初美さんに癌が見つかった時

「俺は治療費は出さない」

そう支払いを拒否したというのです!

信じられませんね…。
ただのクズじゃん!

もしこの話が本当なら、酷すぎます。

愛妻家というのも、葬儀の涙も、嘘過ぎて笑えてさえきますね。

お金がなかったとしても、どうにかお金を捻出しようとするのが、普通なのではないでしょうか?

それが大事な人なら、尚の事。

しかもダンカンさんは、活躍の場を広げていましたからそれなりの収入もあったでしょう。

それなのに…。
最低すぎますよ!

そのため、初美さんは介護ヘルパーの仕事をしながら、生活費と治療費を稼ぎ、足りない分は両親に頼むような生活をしていたそうです。


スポンサーリンク

不倫の事実

しかもさらに酷い事実が!

なんと奥さんが癌で苦しんでいる間に、不倫していたというのです。

2011年の1月にはそれがバレて、家族に土下座したそうですが、それでも酷すぎます。

最近のゲス不倫がマシにすら思えてきますわ。

不倫相手は女優の近藤奈保妃さんのようですね。



ダンカンさんと同じ事務所の人なので、相談などにのっている間に親密になったんですかね…。

それにしても、妻が大変な時に20歳も年下の相手と楽しんでるとか。

ふざけんなっ!
最低しか言葉ないわ。

親族が最も許せなかったのは…

それ以上に初美さん側の親族が許せなかったことがあったといいます。

これ以上があるの!?
どんだけだよ!って思った人は正常でしょう。

それが、葬儀や告別式の場で癌闘病末期の痩せた姿の初美さんをスライドショーで公開したこと。



この辛さ、女性なら分かると思います。

しかも初美さんのお母さんが、それは止めてくれと頼んでいたのに、です。

がんが脳にまで転移してしまっていたため、顔の様子も変わってしまっていたといいます。

そんな初美さんに、お母さんとお子さんの2人で

「お母さんつけましようか。口紅濃いかな。この辺ちょっとふくらみすぎたかな」

そう話ながら死化粧を施したそうです。

それなのに、ダンカンさんはお母さんの気持ちも踏みにじるような行為を実行しました。

わざわざ、末期の写真をみせる必要性なんて感じません。

今までのことを考えると、「これだけ酷い状態だけど支えてた」とでも言いたかったわけ!?
悲劇のヒーローでも気取ってんのかよ!!

そう思えますね。

ダンカンの言い分

これらのことに対しブログで反論していますが、それがなんとも微妙な感じで…。

論点をずらしているようにしか、思えないのです。

オレは、基本的には悪口でも「そーそー」と否定しない方針なんです。

だけど、オレとマリリン夫婦を冒涜するのは、止めてください。
そんな嘘八百で、天国のマリリンを悲しませたくない…。

治療費…。
家を売ってでも治療するつもりでした。

働かせた?
それだけ丈夫だったら幸せだったでしょう。

記事?
もし、そんなものが実在するなら…
書きた方とお話しますけど。

とにかく、マリリンを傷つけるのは許せない!!

・・・・・・。
率直な感想は、バカなの?でした。

記事の内容がほんとかどうかはおいておいて、いい年した大人がこんなときにマリリンってバカにしてるように思えるのは、私だけでしょうか…。

しかも記事の内容は、ダンカンさんのことだけで、奥さんのことは書いてないです。

なのに『夫婦を冒涜』というのは問題をすり替えているように思えます。

違うんだったら、記者とかの前ではっきり言えばいいのにそれをしないのは、何か後ろめたいことがあるんじゃないのかね!

ネットの反応

・記事では奥さんのことは何1つ悪く言ってないだろ。こいつは今まで酷いことしてきたから信用ならない。

・嘘か本当か分からないけど、治療中のやせ細った写真は女としては悲しい。。。ちょっと許せない。

・納骨式に2人しか出ないって…。

・マリリンのことは誰も侮辱してないよ。

・言い訳にしか聞こえないし。闘病中に不倫してた奴なんて信じらんないでしょ!


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 「性の喜びおじさん」の死亡事件。犯人のガチ逮捕なるか…?

妻を殺した最低男。ダンカンはがん治療費を払わなかった?


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!