伊達公子が現役復帰を語る。テニスに対する思いが伝わりすぎる、、、

スポーツ

伊達公子 復帰

左膝の手術を行った伊達公子が約1年4カ月ぶり現役復帰を成し本音を語りました。

46歳になってもテニスを続ける理由と手術を決心した心意気がかっこよすぎます、、、

現役復帰を語る、伊達公子の本音

5月3日、約1年4ヶ月ぶりに復帰をした伊達公子が語る手術に対する本音や現役にこだわる意味が話題となりました。

1996年には世界ランキング4位という素晴らしい実績を残し一度現役を引退していますが、2008年に12年ぶりの現役復帰をしている伊達公子は当時を振り返りこう語りました。

「(最初の現役時代は)結果を出さなければいけない、強くなければいけない。孤独なように10代、20代を突っ走ってきたけれど、離れて見た時にテニスのすばらしさ、テニスの美しさを実際に感じられた」


1 2 3