【燃費データ不正問題】疑惑をかけられた「スズキ」、法令通りに測定した結果、まさかすぎることが判明

8d485d2c

燃費データ不正の疑惑で三菱自動車とスズキがデータ改ざんしていると発表されましたが

スズキが改めて調査したところ、別の結果になったと話題になっています。


スポンサーリンク

スポンサーリンク



燃費データ不正の疑惑

国内の自動車業界に大きな激震が走るほどの三菱自動車の燃費データ不正問題。

 

三菱自動車工業は、軽自動車の燃費試験の不正に関して

1991年から法規に定められた以外の方法で取得したデータを提出していたことや、

実際の試験を行わずに机上でデータを算出していたことを国土交通省に報告した。

 

三菱自動車以外の自動車メーカーにも飛び火するようなニュースも報じられており、

国交省がメーカー側の自主申告に基づいた検査制度が悪用されたとして、

制度を見直す検討を始めたという。

今後、外部の専門家で構成する特別調査委員会が中心となって原因究明などに乗り出しています。

 

他メーカーも不正をしている?

三菱自動車の燃費データ不正問題を巡り、スズキも三菱自と同様に法令と異なる方法で

燃費データを計測していた疑いがわかりました。
燃費データ不正を巡っては三菱自動車が4月20日、

軽自動車4車種で燃費性能の基礎データ「走行抵抗値」を故意に改ざんし

燃費を実態より良く見せていたと発表。

国交省は他の自動車メーカーに対しても同様の不正がないかを報告するよう求めていたが、

スズキが内部調査した結果法令と異なる方法でデータを計測していたことが分かった。

ただ、スズキは「燃費性能には影響はない」と、意図的なデータの改ざんは否定している。

トヨタ自動車やホンダ、日産自動車などは

決算会見などで同様の不正はなかったと説明しており、国交省に報告する方針のようです。

 

スズキも燃費データ不正をしていた?

スズキが販売中の16車種が、国の規定とは異なる方法で燃費データを測定していたことを発表。
スズキは改めて調査した結果、16車種のうち3車種は正しい方法だったが、新たに1車種で不正が発覚しました。

さらに他のメーカーに供給した12車種も規定とは異なる方法で国に提出していた。

しかし、すべての車種を法令通りに測定しなおした結果

いずれもカタログの記載よりも高い燃費値が記録されました。

スズキは燃費を不正に操作する意図はなかったという。

スズキに不正はなかったという結果でしたが

むしろなんで今まで法令通りに測定しなかったのか疑問ですね。

 

結局スズキの大勝利でよかったです・・・

スズキの新しい宣伝だったのでしょうか?


スポンサーリンク