人間が死ぬ瞬間のMRI映像を初公開!これは驚愕・・・(動画あり)

0908_9

人間が死ぬ瞬間ってどんな感じだと思いますか?

今回は人間が死ぬ瞬間をMRIで撮影した貴重映像を紹介します。


スポンサーリンク



人の死ぬ瞬間の脳の映像を初公開

人が死ぬ瞬間、一体何を見るのでしょうか?

 

走馬灯のように自分の人生が駆け巡ると言いますが

最後の瞬間まで脳は活動しているようです。

 

その動画が本邦初公開されたMRI映像によって判明しました。

 

パッと閃くように動いて、

その後はあっという間に消えていくのが分かります。

 

白い光が見えると言われていますが、

これがその瞬間なのかもしれません。

mri

 

死の瞬間、21グラムの魂が抜けていく?

人が死んだ後、体重が僅か21グラムほど減少していると言います。

 

この体重の変化を科学的に調べていた科学者が

100年以上も前にアメリカにいました。

 

マサチューセッツ州の医師だったダンカン・マクドゥーガル博士は、

人が死の直前と仕事の体重変化をベッドに取り付けた

精密な秤によって計測しました。

 

16人の実験を行い、

結果21グラムの体重減少が生じることが判明したのです。

 

勿論、死後失われる体液やガスも考慮しての結果数値です。

この21グラムの重さをマクドゥーガル博士は魂の重さと発表しました。


スポンサーリンク



死の瞬間は星間エーテルのような光が取り巻く?

ダンカン・マクドゥーガル博士の主張は

多くの学者から懐疑の声が上がり、

世間の声は支持派と懐疑派に二分されたと言います。

 

そこで、マクドゥーガル博士は新たな事件として

魂の撮影に成功したと発表しました。

 

マクドゥーガル博士は十数人の末期患者の死に立会い、

実際に死の瞬間を撮影したという。

 

博士によれば、死の瞬間の人間の頭部には

「星間エーテル」にも似た光が取り巻いているという。

 

この光が肉体から離れていく“21グラム”の魂であるというのだ。

 

ちなみに星間エーテル(interstellar ether)とは

中世の物理学の概念である“エーテル理論”に基づく

天界を構成する物質のことだ。

 

もちろん現代の科学では否定されている

 

ダンカン・マクドゥーガル博士

duncan

マクドゥーガル博士の主張は科学的には否定されていますが、

寧ろ現在まで宗教的な面や小説などの世界に影響を与えています。

 

また脳科学や実験心理学と言った分野でも

魂の重さは注目されています。

 

そして今、

このMRI映像を見るとマクドゥーガル博士の言う

魂が消えゆく瞬間がこれか、という気にさせてくれます。

人間は死ぬとき何が起こるかまだ未知な分は多いと思います。

 

この実験には懐疑的な見方も多いのですが、

昔から人間が死ぬ瞬間に何が起きているのかに対する

興味は尽きないようです。

 

本人がどう感じたかは本人にしかわかりません。

 

臨死体験した人の話では、

わずか1秒ほどの間に様々なものが見えたと聞きますが果たして・・・?

⇒ 死ぬ1秒前に人が体験することが怖すぎると話題に。臨死体験が科学的に解明!

 

ネットの反応

・線香花火みたい!

 

・走馬灯は死ぬときに見る訳じゃなく

このままじゃ死ぬと恐怖した本能が助かる道がないか

脳内を検索する現象

 

・一瞬にして真っ黒になるんだ ちょっと怖い・・・

 

・この映像のソースがはっきりしない・・・

 

・海外ドラマ(ウォーキングマン・デッド)で

使われたっていう噂

 

脳は最後まで動いて自分の体験した

様々な事が一瞬蘇るのかも知れませんね。

 


スポンサーリンク