映画デスノートの評判。内容が酷すぎると批判殺到。

お役立ち


映画デスノートに批判殺到

内容が酷すぎると話題になっています。

デスノート最新作の映画公開

10月29日から公開された

デスノート Light up the NEW worldが

大きな話題を呼んでいる。

 

実際に映画を観た人たちの声に耳を傾けると、

不評意見のほうが多いと感じる。

 

「登場人物が全員バカ」や

「バカが頭脳戦をやろうとする映画」など、

あまりにも低レベルな頭脳戦に

不満の声があがっていました。

 

「大絶賛」と「大不評」に

ハッキリと分かれた評価となっており

物議をかもしている。

 

登場人物が全員バカ?

前作のデスノートは

Lと夜神月がデスノートを巡って


1 2 3