簡単そうで意外に難しい小学生の算数問題。この問題解けますか?

算数って簡単そうに思えて、実は難しい!そんな問題も多いですよね。

『意外に難しい算数問題』がSNSで話題になっています。
あなたは何問、解けますか?



スポンサーリンク

「大きさのちがう3つの正方形をならべた形の面積を答えよ」

小学校4年生の算数の問題です。

小さめの正方形、大きい正方形、中くらいの正方形がくっつけられて並んでいます。
正方形の面積を求めるには、一辺の長さがわかればいいのですが、この図ではぱっとわかりませんよね。

多くの人が、いちばん小さい正方形の一辺を「x」と置いて解いたようです。

しかし、これは小学校4年生の問題。小3の時点でxの代わりの「□を使った式」というのは習ってはいるのですが、できるだけ文字や記号は使いたくないものです。

文字や記号を使わない、求め方はこちら。

分かりやすいように、色を付けてみました。

つまり、こういうことです。

こうしてみると、真ん中の正方形の3つの辺の長さを求めることができますね。
つまり、「8+25+3=36」。これを3で割ると、真ん中の正方形の一辺の長さが「12」とでます。

あとは単純な引き算です。小さい正方形の一辺は「12-8」で4センチ、中くらいの正方形は「12-3」で9センチ。
それぞれ面積を求めて「16+144+81」で241平方センチメートルが答えになります。

スムーズに解けましたか?


スポンサーリンク

「頭の良い人ほど解けない問題」

お次はこれ。

幼稚園児でも5~10分ほどで答えが出てくるこの問題は、高学歴の大人や頭脳労働職のプログラマが解こうとすると、1時間以上もかかることで知られています。

計算や法則性、知識などを使わずに、見た目や直感という「左脳」を上手に使うと案外簡単に解ける問題と言えそうです。

Twitterユーザーからは、

・世紀末クイズでやったことがある問題!
・この問題を短時間で解けるってことは、柔軟な発想ができるって意味だよね?
・法則性とか考えだしちゃったら、もう負けなんだと思う!
・物事を難しく考える人には、一生解けない問題なんだろうなぁ~

などコメントされてます。

答えをいわれたら「あぁ〜」と言いたくなるような問題です。

そんな問題の答えは『2』
これは、丸の数が答えとして書かれているのです。なので、?の式で丸がある数字は8だけ。8は2つの丸があるので、答えは2というわけです。

「次の面積の図形を作りましょう」

小学4年制の図形の問題です。大人でもわからない人もいるかも・・・?

小学校4年生用ということで、もちろん平方根は使えません。

幼児教育で使うようなパズル感覚で図形を分解できる子供には、意外と簡単に解ける問題となっています。しかし、難題に対して「知識で対抗しよう!」と考える大人にとってはなかなか解けない内容と言えそうですよ。

求め方として、この問題は「グリッドを利用して長方形を三角形に分ける」という少し特殊な手法を用います。

いかがでしたか?

子供に聞かれた時に答えられないと、ちょっと恥ずかしいですよね。
いつまでも頭は柔らかくいたいものです…


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 小2算数で『8×7+17=73』を担任教師が不正解にした驚愕の理由

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
info@vipper-trendy.net

簡単そうで意外に難しい小学生の算数問題。この問題解けますか?


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!