就活で300社受け内定もらえない女子大生。衝撃的な彼女の現在とは

就活女子大生

とんでもない女子大学生が現れました!就職浪人して2年間、就活でエントリーも含め300社受けたそうです。しかし・・・結果は内定0。

その後、彼女がとった行動が・・・



スポンサーリンク

300社受けて内定0!?

大学生の就活はとにかく量を受ける、というイメージがあります。

そんな就活ですが、ある女子大生はなんと!2年間で300社も受けたというのです。

しかも結果は、全て不合格・・・。

落ち込む

それが、ブロガー「暇な女子大生」さん

2年間でそれだけの会社を受けた彼女の感想は『茶番だった』です。

時間とお金の無駄だったと。

彼女がやる気もなく、就職したいわけでもなく行っていたため、自分の話す内容が薄っぺらかった。

それを面接官もわかっていたため、落ちていたんだろうと言われています。

そんな中、ある会社では最終面接に呼ばれて北海道まで言ったのだそうです。

役員との面接はまあまあで。

上手くいくかと思いきや、最終の社長面接。

「あなたにとって働くうえで大事なことは?」

という質問に、

「えーと、過労死しないように会社から自分を守ることです」

・・・・・・。

確かに大事なことですが、何かずれてますよねw

その答えで、社長さんにブチ切れられて、落とされたのだそうです。

これはブラック企業だと言われたようなものですから、社長が怒るのも分からなくはないですが…。

本人は至って真面目で、素直にそう思ったのだそう。

組織への従順さを、入社前から求められるのに違和感を感じていたと言います。


スポンサーリンク

死にたいと思いながらの就活

結局そんなこんなで、就職先は見つからなかったそうです。

どうして就職したくないのに、就活を行っていたのか?

それは、就職する以外に生きていく手段が思いつかなかったからだと言います。

周りのみんなは何の疑問もなく、就職に向けて動いている。

それに流され、就職以外でお金を稼ぐ方法も分からないから、職場を探す。

そんな学生も多いのかもしれないですね。

迷路

就活中は、

「どうせ落とされるんだろうな。あーあ、死にたいな」

と思いながら大嫌いな満員電車に乗っていたそうです。

やっぱり就活って大変なんですね。。。

こんな実態もあると言われているくらいですし。
⇒ 枕営業の驚愕の実態!就職活動にも枕営業があった!

ストレス解消のブログが収入に!

そんな彼女の転機だったのが、ブログを始めたことでした。

就活2年目の春にストレス解消のために始めた『暇な女子大生が馬鹿なことをやってみるブログ』

もともと文章を書くのが好きだった彼女には、ぴったりなものだったのでしょう。

ブログを始めて半年ほどたったある日、執筆の依頼が入ってきたのだと言います。

報酬は1万円。
1万円

「安くじゃん!」

そう思った人もいるかもしれませんが、労働ではなく自分の能力でお金を稼いだことのある人がどれだけいるでしょうか?

そして、その仕事をくれたWebデザイナーに就職できないと相談したら、「ブログで食べていける」と収入源になるものなど、教わったのだそうです。

結局、彼女は就職はせず、今では普通に生活できるくらいの収入を稼いでいるのですから凄いですよね!

ただ・・・

社会を知らずに生きているので、常識的なものはぽっかり抜けているのだとか。笑

それで、怒られることも多いそうですw

今後の働き方

現在は、お金の稼ぎ方は多様化しています。

昔のように会社員になることが全てではありません。

小学生のなりたい職業にYouTuberが入るくらいですから。笑
⇒ YouTuberで詐欺!?◯◯キンが自作自演のプレゼント

今後、ネットが普及することでますます形態が変わってくるでしょう。

「暇な女子大生」さんのように、諦めなければ自分の力で稼いでいくことは可能かもしれません。

自分の好きなことを仕事ににできる。

それが1番良いことなのかもしれないですね。


スポンサーリンク





↓↓↓よかったら、いいね!お願いします。