元旦那の子供を捨てた女性が悲しすぎた…離婚をした女性の本音とは?


離婚・・・それは、家族にとって大きな決断です。

子供のこと、お金のこと、慰謝料のことなどで円満に離婚出来ればいいのですが、数年後、後悔することも多くあります。


スポンサーリンク

息子を連れて再婚した女性が後悔したこととは


出典;不倫調査のズルイ料金

ある女性が『離婚して後悔したこと』について、ネット上で議論になっています。

女性は、”元旦那に似てくる息子がイヤで、元旦那へ親権を渡した”そうなのですが・・・

数年経った今、とても後悔している様子。

どうやら、同情して欲しかったようなのですが、批判を浴びてしまう結果になってしまいました。

その書き込みを紹介します。

私も、息子連れて再婚したけど…
息子の顔つきが元旦那に似てくるにつれて
今旦那が冷たくあたるようになって、危険を感じて実家に預けた。
両親に説得されて、未だ独り身だと言ってた元旦那に託したのが数年前。

この女性は、数年前に離婚、息子を引き取って再婚したものの今の旦那が元旦那に似てくる息子につらく当たるようになったので、やむなく息子を元旦那に引き渡したようです。

ですが、数年経った今、とても後悔しているとのこと。

この間ローカル番組でキャンプ場の取材やってて何気なく見てたら
元旦那と息子がインタビュー受けてた。
横には見覚えのある女が女児を抱いてて、更にその横には息子より二~三歳くらい下に見える元旦那に目元が良く似た男の子が座ってた。
騙されて他の女に息子を盗られた気分。腹が立ってしょうがない。

元旦那との離婚理由は”性格の不一致”だそうです。

また、続けて不満を語りましたが、ネット上では『それは違うだろ!』と批判が殺到してしまいました。

・別れて二年もしないうちにちゃっかり子供まで作ってる計算
・面会はしてたけど元旦那と祖父母のことしか言わなかったのでずっと独身だと思ってた。
・再婚してたの知ってたら絶対に息子を渡さなかった。
・私のことを悪く吹き込んでいるのか何か嫌そうな雰囲気だったし。
・下の子の面倒見なきゃいけないから会う機会が減って誕生祝いや入学祝い送るくらいになった。
・旦那とは息子のことで険悪になって下の子で繋がってる状態
・正直、離婚したいけど×2も嫌だ。


スポンサーリンク

不満がネットユーザーから批判が


出典;みんな健康

・まぁ、オカンが本当のオヤジとは別の男と住んで
男から邪険にされてじいちゃんばあちゃんの家に放り込まれたら
いらない子扱いされたって思うわな
・自分とこでまともに育てられなかったんだからしょうがないだろ
あっちで幸せならそれでいいじゃん
・こういうのって子供の幸せよりも自分の幸せと人の不幸を望むどうしようもないメンタリティなんだろうね
・バツ2になっても子供を守るためにクズ男と別れられなかった自分のことは棚に挙げて子供が元夫の再婚家庭で幸せそうにしているのを見たら「渡さなかった(子供は不幸のままでおk)」だもの
・その経緯じゃ男取って子供捨てたって思われてもしょうがないんじゃない?元旦那に預けず両親に預けたままでも同じこと
・まあ元旦那は一緒にキャンプ地に連れて行ったりしてるみたいだし、幸せそうでよかった

など、数多くのユーザーから批判が殺到しましたが、この女性は納得がいかない様子。反論し続けました。

私はあの時に出来る最善のことをしたと思ってる。息子には幸せになって欲しいと思ってるけど、いきなり家族やってるところ見せられたら悔しい気持ちにもなるでしょ。

すると、火に油を注いだかのように、大量の書き込みが。

お前のできた最善のことは虐待男と縁を切って子供を守ることだったんだよ。息子を捨てたお前が息子の幸せに嫉妬するなんて最低。
いやいや、こんな女に子供を守れっこないw
そういう意味で確かに「あの時に出来る最善のこと」だったんだよ。その証拠に、子供は実父の再婚家庭で幸せに暮らしているんだから
納得していないのは、自分さえ幸せで他の人間が不幸でいて欲しいこの女だけてか自分も再婚して現旦那と子供作って、元旦那と全く同じことしてるよね?
これは言われてるとおり息子も不幸の道連れにしたかったんだろうね。

ここまで言われてもなお『そうじゃない!』と女性は納得しません

数多くの批判が続く中、この女性は以下のコメントを残し、サイトから去ってしまいました。

だから私は子供が不幸になれって全然思って無い。あー何か変な解釈ばかりされて嫌だ。もう書くのは止める。
虐待ってそこまで旦那は目茶苦茶してない。エスカレートする前に両親に相談したのそれに私ヒステリー持ちじゃない
その女は元旦那の遠い親戚。昔元旦那の実家で何度か会った。元旦那も浮気はしてないと思う。多分下の子と帰省するけど親経由で息子にお盆玉渡そうかな…

皆さんは、この女性の言い分に共感できますか?

離婚には当事者同士でなければ分からない気持ちもありますが、関係のない子どもを巻き込んでしまうのは良くありませんよね。

少なからず、幼い子どもの心に傷を残してしまいますから。

離婚したあとの本音とは?

この夫と別れたらスッキリするだろう」と考えていた方でも、実際に離婚してみると夫の大切さを知って後悔する方が多いようです。

今回はそんな方々の後悔の内容をまとめてみました。

お金が足りない

女性が夫と別れて後悔する事で多いのが「お金(生活費)の問題」です。

特に、妻側が専業主婦であった場合、新たに仕事を始めようとしてもなかなか難しいというのが現状です。

独身時代に仕事を持っていたという女性でも、長いブランクがあると就活自体が上手くいかないだけでなく、運よく仕事が見つかったとしても職場で苦労する例が多く見られます。

後ろ盾がない

後ろ盾というのは、自分を守り陰で力を貸してくれる存在をいいます。

結婚をしているときは夫を後ろ盾というようには感じていないかもしれませんが、女性がひとりで生きていくうえで「夫(男性)」の家族がいるということは大きなアドバンテージになっているのです。

例えば、アパートを借りようとしても、女性ひとりの場合は嫌がる大家さんもいるようです。

将来が不安

離婚して女性が最も後悔する事のひとつが「将来的な不安」です。

この不安要素としては貯金(お金)、体力、老後などの問題が挙げられますが、それ以外にも心理的な不安要素も大きいようです。

簡単にいうと「誰も頼りにできる人がいない」と言い換えることもでき、すべての点において女性ひとりで生きていく事には不安が付いて回るという意味にもなります。